NEWS23 ☆独断雑記 XYZ

アンチ民主党である管理人が、独断的な主観で、マスコミや民主党の問題点を書き連ねている素人ブログです。

ホーム > カテゴリー - NEWS23

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「NEWS23」より 中国国内でYouTube接続できず

本日は管理人・刀舟が多忙のため
お竜が更新致します。
お目汚し大変申し訳ありません。

チベット暴行動画が原因?ユーチューブ中国で接続できずより引用


岡山裕子アナウンサー
中国国内で動画共有サイトYouTubeにまったく接続できない状態が続いています。中国当局によるチベットの人々への暴行の様子を映したとされる映像が、その原因だとみられています。

   NEWS23より問題の映像の一部


        中国当局がYouTubeの接続を遮断したといわれる動画の一部。
         動画では、多数の住民が路上に倒れている様子や
         その傍らで、住民と思しき人が警官に取り押さえられ
         後ろ手に縛られている様子、倒れこんでいる住民に罵声を浴びせ
         警棒で幾度も殴りつける警官の足元と殴りつける音などが収録され
         ており、かなり生々しいものだった・・・
         しかし、どのような状況で撮影されたものかは不明。



岡山アナウンサー
この動画は去年3月にチベット自治区・ラサで起きた暴動の様子で、中国の警官が住民たちに暴行を繰り返していたとされるものです。映像は動画共有サイト〝YouTube〟に投稿されていました。中国国内では、23日ごろからYouTubeへの接続が出来ない状態が続いています。YouTubeの担当者は、「中国当局が接続を遮断したため」としていますが、理由は明らかにされていないということです。動画について中国国営の新華社通信は、「異なる時間と場所の映像を編集して偽造されたものだ」と批判しています。




YouTubeで「NEWS23」で公開された動画
〝China's Police Becting Tibetan〟で検索をかけてみましたが、
数件の動画がヒットしました。
しかし遮断の原因となったのでは?とされる問題の動画とは
別動画と思われるわずか39秒の中国の警察がチベットの住民を
暴行している?動画〝Chinese police beating Tibetans 〟という動画が
トップに反映されます。問題となった動画は現在は削除されてしまったようです。

遮断の原因とされる動画の真偽は不明な状況ですが、
敢えて、コメント致します。
発展及び近代化が著しいと言われ久しい中国ですが、
まだまだ、この様な部分が残っている以上、
我が国、日本の対応も考えるべきです。
3月22日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」の中で
映画監督の原田眞人氏が、中国、特に上海の発展ぶりや
中国の人々の〝強さ〟なるものを賛美する発言に
あの田嶋女史などが賛同されていたようですが、
今回の様な中国当局にとって不都合なものに対して
隠蔽するような体質が根深く残っている限り
諸手を挙げて
〝お隣同士で仲良くしましょう!〟というのは
まったく賛同できません。
外交はあくまでも、
自国の国益が絡む〝かけひき〟であり
そこらへんの〝お友達づきあい〟ではないことは
小学生でもわかることです。

普段、何かと日本国内で〝人権〟〝人権〟と騒ぎ立てている人々は
ここで、本領を発揮するべきだと思うのですが・・・
まったく声が上がらないのが不思議でなりません。



      byお竜

ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー



スポンサーサイト
[ 2009/03/27 12:00 ] NEWS23 | TB(1) | CM(5)

しぼんだYKKKKって(笑)

12月16日放送の『NEW23』で、
与党内の政界再編の動きについて分析していました。
その一部を書き下ろします。

麻生総理と自民党議員の距離図


膳場アナウンサー
そしてですね、次は「新党立ち上げか!」という動きもありましたよね。

後藤キャスター
これ先ほどもありましたけども、先週末からですね、急浮上した動きなんですが、山崎さん、加藤さん、菅さん、そして亀井さん、これでYKKKと・・・

膳場アナウンサー
プラスこの黒で塗りつぶされているのは?

後藤キャスター
これちょっとあったんですけども、その後深く関わってないということで敢えてこういう風に黒を貼らせて頂きました。それでこの2人がですね、加藤・山崎両氏、選挙前に離党しないということと、この2人に同調する人が少ないということで、これも今急速にしぼんでますね。



『同調する動きが少なくてしぼんだ』って・・・
後藤キャスターもはっきり仰いますね(笑)
先日の『サンプロ』で山崎さんは、
『この4人が政界再編の動きの軸になり得る』といった発言をされてました。
「本当か?」なんて思いつつ聞いてましたが、
やっぱり同調する動きは少ないんですね。
当然だと思います。
誰も泥舟には乗りたくないでしょうからね。
山崎さんにはこれを機に、
北朝鮮絡みの妙なスタンドプレーは止めていただきたいですね。
それでも行うのであれば、
離党してからすべきだと思います。


ランキングも1から出直しです。
ワンクリックよろしくお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ



[ 2008/12/17 10:30 ] NEWS23 | TB(0) | CM(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。