報道ステーション ☆独断雑記 XYZ

アンチ民主党である管理人が、独断的な主観で、マスコミや民主党の問題点を書き連ねている素人ブログです。

ホーム > カテゴリー - 報道ステーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

報道ステーションより、古館氏のテレ朝への反抗!?

6月24日放送の報道ステーションで、都議選について時事通信の田崎史郎氏がコメントしている際に妙なやり取りがありました。

そのやり取りというのは、古館伊知郎氏とゲストの時事通信の田崎史郎氏とのやり取りの途中、突然、田崎氏に対する指示という名目で一枚の紙が古館氏に手渡されましたのです。

その後のやり取りを書き下ろします。

/////書き下ろしここから////////////////////

古館伊知郎氏
今こういう指示が入ってきたんですけどもね、あのぉ・・・(紙を見ながら)田崎さんにこういうコメントを頂けないかと、(フロアー全体を手で示しながら)スタッフからどうですかね・・・

時事通信・田崎史郎氏
(指示された用紙を読みながら)維新もみんなも・・・ゴタゴタ発言を・・・(何かを察したように)維新もみんなも・・・あのぉー。党内がまとまってない状況な訳なんですね。維新は橋本さんと石原さんがイザコザしたり、みんなの党の中もやっぱり渡辺さんの発言に対して、党内で批判があったりするわけです。

古館氏
(渡辺氏が)江田さんと一時期不協和音が言われたりもされましたよね。

田崎氏
そうそう・・・そういう意味での

古館氏
維新との距離感も言われてましたよね。

田崎氏
そうですよね。

古館氏
みんなの党は今はゴタゴタはしていないというフォローをしてもらいたいようなスタッフは感じで・・・

田崎氏
あぁああなるほど!

古館氏
まぁ・・・だから過去形だったと見てるのかもしれませんね

田崎氏
そうですね。

古館氏
この指示が来たということはね・・・まぁ・・ただ不協和音はあったということで広義的意味で言うと、いろいろあったということになりますよね(苦しい笑い)

田崎氏
それでも(みんなの党は)7議席獲ったわけですから、やっぱりみんなの党も頑張ったということですよ。ね!ええっ(これでいいというような表情)

/////書き下ろしここまで////////////////////


想像ですが、本番中に異例のコメント指示に至ったのは田崎氏のこのコメントによるものだろうと推測されます。

////////////////////////////////////

時事通信 田崎史郎氏
(前略)
非自民勢力というか、「非自民に投票したい」という人たちは必ずいらっしゃるんですね。その層が民主党にある種“失望”が回復してないわけですね。ずっと失望を抱いてきている。また第3局といわれる維新、みんな対してもね、「なんかおかしいな」と「なんか内輪揉めしていて・・・」っていう感じで見ている。そうすると共産党にやっぱり投票するほかなくなっている。そこで共産党が伸びてきている要因の一つですよね。

////////////////////////////////////


なぜこんな指示が出されたのか、それから古館氏はなぜ指示の内容が視聴者にわかるように振る舞ったのか?

私には古館氏は、ワザト指示の内容が視聴者に分かるように振る舞ったような気がしました。もしそうだとしたら、何故古館氏はそうしたのか…

ただ1つだけ言えることは、テレ朝側のこんなやり方はおかしいですよね。例えばもしも、田崎氏の発言が選挙的な理由か、あるいは別の理由で何かでまずい点があったのだとすれば、「何がまずかったのか」ということを伝えてきちんと訂正すべきことですからね。

結局のところは、テレ朝としては大嫌いな安倍政権に参院選で勝たせたくないものだから、野党の不利になるような発言はさせたくなかっただけのことだと思えてなりません。

解説者の発言をテレ朝の言いたいことに変えさせるのであれば、解説者なんて必要なし。解説者なしで言いたいことを伝えればいい。専門家という肩書を借りて、テレ朝側の言いたいことを伝えようとするやり方はどう考えてもおかしい。

そういったおかしさを感じて古館氏はワザとこう振る舞ったのか。もしそうであるとすれば、古館氏のささやかな反抗を私は評価します。

同時にこのテレ朝のやり方は最悪ですね。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
スポンサーサイト
[ 2013/06/26 11:12 ] 報道ステーション | TB(0) | CM(1)

報道ステーション 靖国参拝への恵村順一郎氏の意見を聞いて

最近、安倍総理の靖国神社への真榊の奉納と麻生副総理を含む閣僚の参拝で、中国・韓国はいつものこと、そして日本のメディアが騒いでいるようですね。以下に4月22日放送の報道ステーションでの恵村順一郎氏の発言を書き起こします。

書き下ろしここから//////////////////////////////

恵村順一郎氏 朝日新聞論説委員

韓国との関係なんですけどね、安倍政権が出来て、韓国の朴槿惠(パク・クネ)政権が出来て、首脳会談はおろかですね外相同士もまだ顔合わせが済んでないんですよね。今回の件の〝異常事態〟がさらに長引くというのが、極めて心配なんですよね。今回はですね、毎年5月に日中韓の首脳会談というのがあるんですけど、それが中国が反対したのでできないということで、韓国の外務大臣が中国と日本をそれぞれ訪問するということだったんですよね。

古館伊知朗氏
中国に行ってから、日本にっていうことだったんですよね。

恵村氏
はい。韓国側がそれに際して、(靖国神社の)例大祭、春の例大祭。その訪問の直前に、「参拝するのは止めて下さい」てなことを日本に要請していたという事情があるわけですよね。

古館氏
要請していたんですか?

恵村氏
ええっ。あのもうそれは大使館レベルでやってたそうなんですよ。
靖国神社にですね、戦没者の遺族の方や一般の国民の方が参拝されるということは、これはもう当然のことで自然なことだと思うんですが、一方で首相や副総理ですね、日本の内閣や政府を代表する立場ですから、事情が違うと思うんですね。日本としては首相自身は参拝しなかったということで、それはメッセージだということだと思うんですけれども、靖国神社というは、戦前の軍国主義のシンボルであって、A級戦犯も合祀されているということがあるわけで、首相のお供え物とか副総理が参拝というのはですね、いくら私的なものだといっても、そこには政治的な意味が込められてしまうとどうしても避けられないことだと思うんですよね。ですので、その北朝鮮の挑発行為、今それに対処するというのが最優先の外交課題ですから、それに向けて中国、韓国、日本。スクラムを強めるべき時期だと思うんですが、中国とは少し関係改善時間が掛かるとしてもですね、せめて韓国とですね、もう少し賢くですね付き合えないかなということを私は思いますけどもね・・・

書き下ろしここまで//////////////////////////////

この恵村順一郎氏、かなり言葉を選んで喋ってるようですが、結局言いたいことは、中国や韓国を刺激しないように、首相や閣僚による奉納や参拝は控えろってことですよね。

こういった雰囲気の言葉って、TVメディアではよく聞く言葉ですね。ワイドスクランブルで川村晃司氏の発言に至っては、麻生副総理のことを「確信犯」という言葉まで使って批判していましたからね。

しかし、この人たちは、なぜ日本が一方的に中国や韓国に配慮しなければならないと思っているんでしょうね。頭の悪い私にはまったく理解できません。安倍総理が参拝していないだけで十分すぎる配慮ですし、他国の宗教的な事情に口出しする方がおかしいんだとは思わないんですかね。

それから、「せめて韓国…」とか仰ってますが、事あるごとに日本を批判し、大統領が竹島上陸や天皇批判、険悪な雰囲気を作ってるのは韓国の方です。どこから「せめて韓国」なんて言葉が出てくるのか…

結局こうなるんだから、次こそ安倍総理に堂々と参拝して頂きたいですね。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2013/04/24 12:16 ] 報道ステーション | TB(0) | CM(5)

『報ステ』より、恵村順一郎朝日新聞解説委員の意見を聞いて

4月3日放送の「報道ステーション」で、普天間飛行場移設問題について報じていました。
その中での、恵村順一郎朝日新聞解説委員と古館伊知朗氏のやり取りを書き起こします。

/////書き起こしココから/////////////////////////

恵村順一郎朝日新聞解説委員
普天間基地の移設の問題というのはですね、17年間最初の日米合意があってから全く動いてなんですよね。これをどう動かすかというのが、誰が首相になってもですね、あのぉこれはまぁ・・・難しい問題なんですね。でも気になるのはですね、そんなに難しい問題なのにですね、あのぉ安倍政権は最初から辺野古ありき、辺野古しかないということで悩んでいる様子がないというとこなんですね。鳩山さん、鳩山首相はですね、迷走だと批判されましたけども、辺野古しかないのかということを・・・悩み苦しんで探してたんですよね。
今、沖縄では知事もそうですし、県議会議長もそうですし、41ある全市町村、それからその議会ですね、みんな辺野古施設反対しているんですよね、じゃどこに移せばにいいのかと、辺野古の海を埋め立てて新しい基地を作る以外にやり方がないのかと、いうようなことをですね、今、安倍政権はその道を探る構えもしてない。日米合意というのがですね、錦の御旗というような思いで見てるんのではないかというぐらいですね、辺野古しかないということで、沖縄を仕切ろうとしてるんですね、こういう安倍政権の姿勢っていうものを見ていると、私はなんかは、冷たいなと感じざるをえないですね。

古館伊知朗
そうですね・・・そこ重要な点ですよね・・・鳩山総理は、鳩山元総理は最低でも県外と言い放ったから問題なんで、悩んでいたプロセスはあったと、もがき苦しんでいた部分があったという見方をされているんですね。

恵村順一郎解説委員
そうですね、安倍さんはその分悩まずに、今悩んでいるのが、沖縄の人たちだけじゃないかという風に見えてならないですよね。

/////書き起こしココまで/////////////////////////

確かに鳩山元総理は、「最低でも県外」なんて言ってみたもののうまくいかずに「どうしよう」って悩んでいたかもしれませんね。

しかしそんな悩みなんて、当時の橋本総理の沖縄への思いとリーダーシップに端を発し、いろいろな条件があるとはいえ、誰もできるなんて思わなかった普天間基地の返還に合意し、移転先で悩んだ苦悩に比べれば…

恵村順一郎解説委員は、普天間の移設問題は17年間全く動いていないと言っていますが、動いていないのではなく、動きかけていたものをぶち壊して白紙に戻した馬鹿な政権があるの間違いでしょう。

その責任は大きいし、しかもそういった事実を報じず、安倍総理だけを批判するこの報じ方ってどうなんでしょうね。

何か新しいことをしようとすれば必ず反対する人はいますから、日本人全員を満足させることなんてできないでしょうが、そんな中でよりベターな選択を決断しなければならないのが総理大臣だと思います。

そういった大役の総理大臣を、「安倍さんは悩まずに」なんてよく言えるものですね。

なにも悩まずに責任もなく言ってるのはマスコミの方です。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2013/04/04 16:34 ] 報道ステーション | TB(0) | CM(19)

「報ステより」、ビジョンを作りビジョンを示す!

ノーベル医学・生理学賞に山中伸弥京都大教授の受賞が決まりました。
これはもちろん医学界だけでなく日本にとっても朗報であり、
大変喜ばしいことだと思います。
そのノーベル医学・生理学賞受賞の山中伸弥京都大教授が、
10月8日放送の「報道ステーション」で述べられていた、
発言の一部を引用します。

書き下ろしココから////////////////////

山中伸弥京都大教授
私はいつもビジョンとワークハードということを忘れないようにしています。しっかりしたビジョンを持って、それに向けて努力すると、でビジョンを作りビジョンを示すのは所長である私の仕事です。ビジョンはもうはっきりしています。iPS細胞技術を患者さんの元に届けるというのがビジョンです。ワークハード、これは私だけでは全くできません。しかし、私たちの研究所だけで二百数十名、また日本ではもう千人を超える研究者が日々努力しておりますので、ビジョンに向けて一日も早く技術を進めていきたいと。また、そういったワークハードしている人たちをしっかり支援できる、支える環境づくりをしていくのが所長であり、また今回この分野を代表して賞を受賞した私の今後の責任であるとも考えております。

書き下ろしココまで////////////////////

素晴らしいお言葉ですね。
2009年の民主党の事業仕分けの批判なんてまさに、
「ワークハードしている人たちをしっかり支援できる、支える環境づくり」
という上記発言を裏付けてらっしゃいますね。
大変な仕事だと思いますが、
今後も頑張って頂きたいと思います。

そして同時に政治家の皆さん方には、
「ビジョンを作りビジョンを示すのは所長である私の仕事」
という部分を考えていただきたいですね。
ビジョン、言いかえれば国家感…
国会議員であればきちんとしたビジョンを持つべきであり、
選挙が近づいてやれ離党だのどこと組むだの、
そんな保身的なやり取りをしていて、
国民がリーダーと認めて信用して付いてくるはずがない!
きわめて当然の話ですよね。
誰とは言いませんが、
「ある時は党にとどまってマジョリティを目指す」と言ってみたり、
今度は離党をほのめかしたりと、
言葉も軽すぎるしビジョンもなし!
選挙目当てで離党したりする国会議員も同様です。
話になりませんね。

確実に訪れる選挙。
外交的にももめている今だからこそ、
しっかりとしたビジョン(国家感)を持った政治家を選びましょう。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2012/10/09 10:38 ] 報道ステーション | TB(0) | CM(0)

「報ステ」より、やっぱりネガキャン!?

9月25日放送「報道ステーション」で、
自民党総裁選について報じていました。
その際の古館伊知郎氏と三浦俊章氏のやり取りを書き下ろします。

書き下ろしここから//////////

古館伊知郎氏
何か・・・何か引っ掛かったり、おかしいとなぁと思うことの連続だったりするんですけどもね・・・

三浦俊章氏 (朝日新聞論説委員)
そうですね、今、民主党の代表選と比べちゃうんですけども、自民党のやっぱり関心があるのは、“どっちが勝つのかわからない”というところと、それからまた次、総理大臣になるかもしれないというところがありますけども、でも私がやっぱり・・・私が一番引っ掛かるのはですね、本来は、こういう総選挙による最大野党の党首というものは、前の選挙の敗北を受けてですね、時間をかけて党を立て直し、マニフェストを決めていろんな国会の論戦を経て、時の試練を経た人だと・・であるべきだと思うんですけど、ま、自民党の谷垣さんが、ああいう事情で辞めてしまったわけですよね、しかしあの・・・選ぶ側からすると、実績が知りたいわけでして、急遽、党の顔選びっていうことで・・・ま、明日、決まった人はですね、やっぱりどれだけ能力があり、指導力があるかですね、短期間に見せてくれるかということになりますよね。

古館氏
あのぉ・・・選挙も一度勝ち、総理を退陣に追い込んだりしてきた、3年間の谷垣さんが選挙の顔で弱いんじゃないかみたいな声もあったりなかったりで、肝心な人が引っ込んでいるということ事態がおかしいですよね?

三浦氏
古館さん・・・イギリスがいい例ですけど、あのぉ総選挙から総選挙までが党首の任期なんですね。そうやって、試す訳ですよね、日本の場合はその辺があまりルールが整備されてないので、しょっちゅう党の顔を変えるということになっちゃうんですよね、そこがちょっと日本の政治にマイナスですけどね。

古館氏
あとは、朝日新聞の夕刊の素粒子にも載ってましたけども、決選投票が必至だという時に、1位より2位の人の方が有利な選挙の不思議というのがありましたけどれども、これもよくよく考えてみると、変な話でね・・・じゃぁ次行きます。


書き下ろしここまで//////////

まあ、谷垣さんが代表に相応しいかどうかは別として、
体調など特別な事情があるわけでもないのに、
谷垣さんが代表選に出馬していないのは確かに変ですよね。
そうやってマスコミに突っ込む隙を与える自民党長老にも非常に憤りを感じます。

ただ、このお2人のやり方を聞いていると、
どうしてもそれだけには聞こえません。
私の心が狭いだけなのか、それとも勘ぐりすぎなのか、
とにかく自民党を批判したいという意識、
或いは安倍さんが嫌いという意識を感じてしまいます。
言ってる本人たちも無意識かもしれませんけどね。
仮に谷垣さんが出馬していても、
形を変えて同じようなことを言ってるんじゃないんですか?

民主党政権誕生にマスコミが大いに協力し、
結果はこれだけの体たらく。
そしてまだ懲りずにこういった報道をする。
いい加減にして欲しいですね。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2012/09/26 11:23 ] 報道ステーション | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。