マスコミへの不満 ☆独断雑記 XYZ

アンチ民主党である管理人が、独断的な主観で、マスコミや民主党の問題点を書き連ねている素人ブログです。

ホーム > カテゴリー - マスコミへの不満

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『報ステ』の安倍さんの靖国参拝報道を見て

10月18日放送の「報道ステーション」で、
安倍さんの靖国神社参拝について報じていました。

書き下ろしココから////////////////////

ナレーション
自民党の安倍総裁が秋の例大祭に合わせて靖国神社を参拝した。

安倍さん
自民党総裁として尊崇の念を表するために参拝をいたしました。

ナレーション
解散総選挙に向け支持基盤である保守層にアピールする狙いとみられる。安倍氏は総理大臣任期中に中国や韓国に配慮し靖国参拝を見送った経緯があり、こう述べていた。

安倍さん(安倍元総理 石破氏合同勉強会 東京千代田区9月6日)
総理在任中に靖国に参拝できなかったこと、本当に慙愧に堪えないわけであります。

ナレーション
一方で次の総理になる安倍氏の参拝で、中国や韓国からの更なる反発も予想される。

書き下ろしココまで////////////////////

保守層にアピールする狙いとか、
何でこういった報道をするんですかね。
このナレーションを聞いてると、
安倍さんは選挙対策のみで参拝しているように聞こえますよね。
どうしてこんな報道の仕方をするんでしょうか。
自民党の総裁として、
英霊に敬意を表するために参拝するという当然のことをしただけの話なのに。
報じるなとまでは言いませんが、
余計な言葉はつける必要なし!
アピールが狙いだとか、
中韓の反発が予想されるとか、
そんな言葉は必要ありません。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー



スポンサーサイト
[ 2012/10/18 09:48 ] マスコミへの不満 | TB(0) | CM(1)

『ワイドスクランブル』より、岡田豊氏の発言を聞いて

10月12日放送『ワイドスクランブル第2部』で、
安倍さんと野田総理の面会について報じていました。
それに対してテレビ朝日コメンテーター:岡田豊氏が
以下のような意見を述べていました。

書き下ろしココから/////////////////

テレビ朝日コメンテーター:岡田豊氏
もぉ・・・安倍さんも含めて・・・選挙対策内閣、選挙対策の永田町になっちゃってますよねぇ。あのぉ・・・折しも、IMF委員総会で世界各国から経済・金融の人、代表が集まって〝世界経済大変だ〟〝日本も何とかしてくれ、日本も頑張れ!〟って言ってる中で、こんなみっともない政治の姿、永田町の姿を見せてる訳ですよ、小泉純一郎さんの後の総理大臣、これ誰一人総理として、最低限の責任を果たしていない・・・私は思いますね。この中で野田さんに、この流れを変えて欲しい、野田さんなら変えられるという期待は、もう本当に裏切られたような形ですね・・・

テレビ朝日コメンテーター:岡田豊氏
総選挙をしても、おそらく寧ろ混迷が極まってるんじゃないですかねぇ~

書き下ろしココまで/////////////////

VTR全体を見ていただかないと雰囲気が伝わりにくいと思うのですが、
この人たちって自民党と民主党のどちらが与党で、
この体たらくの責任はどちらにあると思ってるんでしょうね。
党首会談がなかなかできないのも、
安倍さん側が拒否しているわけでもなんでもないでしょうに。
世界にみっともない結果を示すことになってるのはどの党のせいですか?
岡田さんは安倍さん含めて選挙対策と表現してますが、
野田さんは3党合意の前から、
消費税法案が通ったら国民に信を問わねばならない的なことを言ってました。
それから近いうち解散の約束もしてるんです。
解散するという発言を無視しているのは誰ですか?
まったく選挙対策になっていないとはいえ、
選挙対策で解散しないのはどの政権ですか?

それに、総選挙をして混迷が極まるんじゃなく、
現状自体がすでに混迷が極まってると思いますけどね。
グダグダもいいところです。
そして混迷させてる原因の政党はどこですか?

今後もこういった意見はたびたび出てくるでしょうね。
あまり直接的には批判しなくても上のようにもっともらしく、
「どっちも悪い!」的な表現で安倍さんを批判してきそうです。

まあ、本来であれば私も以前の民主党のように、
審議拒否なんてことはしてほしくはないんですが、
この混迷極まる現状でも解散しようとしないんだから仕方がありません。
岡田氏も言ってる通り、
野田政権に期待しても無理なんですよ。
そんな内閣を延命させても仕方がないでしょう。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2012/10/13 08:01 ] マスコミへの不満 | TB(0) | CM(1)

「ワイドスクランブル」で報じていた安倍さん批判

9月27日放送の「ワイドスクランブル」で、
いろいろな新聞の見出しを紹介していました。
その見出しは以下の通りです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////
◎スポーツニッポン 9月27日 夕刊
●進次郎氏も入れた石破「幹事長」負けても満足「男冥利」
●自民56年ぶり決選逆転 安倍新総裁〝民意なき返り咲き〟
////////////////////////////////////////////////////////////////////

民意なき、民意なきうるさいですね。
民主党が政権を取る前、
「民意、民意」とうるさかったことを思い出します。
党員の意見も民意かもしれませんが、
安倍さんに期待する国民の意見だって民意です。
党員の意見はあくまで党員の意見です。
〝民〟という言葉の意味を都合よく使い分けないでほしいですね。

////////////////////////////////////////////////////////////////////
◎読売新聞 9月27日 
●安倍氏 議員票手堅く 決選 町村派まとまる 石破氏は「脱派閥」響く
////////////////////////////////////////////////////////////////////

派閥、派閥とうるさいですね。
確かに派閥に問題もあると思います。
あるとは思いますが、
派閥なくまとまることもできない民主党を見れば、
派閥にメリットがあることもわかるでしょうに。
ゼロかヒャクかで語らないでほしいですね。
それから「脱官僚」「脱小沢」…
「脱~」なんてただの選挙目当ての言葉だろうに…
敢えて言うなら「脱マスコミ」ですかね(笑)

////////////////////////////////////////////////////////////////////
◎サンケイスポーツ
●石破氏と40年ぶり決選投票 56年ぶり2位が逆転勝利
不安拭えぬ再登板 安倍新総裁
////////////////////////////////////////////////////////////////////

不安拭えぬねぇ…
そうですね、確かに不安があります。
なんたってマスコミは安倍さんが嫌いですからね。
安倍さんを嫌いなマスコミがくだらない批判で邪魔をする、
或いは見方であるはずの人間が後ろから石を投げる、
その点が1番の不安な点です。
そして同時に、逆に聞きたいですね。
「誰だったら不安がないんだよ!」って!

////////////////////////////////////////////////////////////////////
◎毎日新聞
●課題山積 「責任感を」市民ら注文相次ぐ
////////////////////////////////////////////////////////////////////

責任感ねぇ…
もちろん安倍さんには日本のリーダーとして責任感を持って頑張って頂きたいですよ。
そんなことあたりまえの話です。
民主党の様に自分たちの言葉(マニフェスト)にさえ責任感を持たないような、
そんな責任感のない見込みの甘い政治はやって頂きたくないですよね。
安倍さんがまるで無責任とイメージさせるような表現は止めて欲しいものです。


結局のところ、
やっぱりマスコミは安倍さんが嫌いなんでしょうね。
日本を良くしたいとかそういうことではなくて、
安倍さんの再登板を批判したいだけとしか思えないですね。
意見が全然建設的じゃないです。
そんなくだらないマスコミの意見に騙されないようにしましょう。


ちなみに同番組で、
コメンテーターの川村氏が以下のようなことを言っていました。

////////////////////////////////////////////////////////////////////
テレビ朝日コメンテーター川村晃司氏
そうですね、一方では石破さんもですね、最初に議員から得た票が34だったですね、しかし、その後の決選投票の時には、55票・・・安倍さんも基礎票より上積みしましたけど、54票という形で議員の心理として揺れた動いた票は1票ほど石破さんの方が多かったということもありましてね、これはやっぱり民意、つまり党員、党友ということを考えたらば、石破さんがきちんと今後ルールを変えて総裁になるべきではないかという声も未だに残ってますね。
////////////////////////////////////////////////////////////////////

だから何?って感じです。
もっともらしいことを言いながら、
要は安倍さんが総裁になったことを批判しているだけですよね。

それから少し見方を変えれば、
もし派閥の論理だけで今回の代表選が決まるのであれば、
とっとと石原さんで決まったんじゃないですかね。
決選投票にしてもそうです。
こちらも派閥の論理だけだったら、
決選投票の上積み票が石破さんが勝つのはおかしいんじゃないですか。
そして何より、
派閥の論理だけだったら安倍さんは出馬できなかったんじゃないですかね。
マスコミはこぞって自民党が変わるとか変わらないとか言ってますが、
今回の代表選は過去の代表選とはだいぶ違う側面があったと、
私の素人考えでは思いますけどね。

それにしても…
総裁になっただけでこれだけの反応なのですから、
安倍さんが総理になったらもっとひどくなることでしょう。
安倍さんの発言通りの政治ができるためには国民が応援するしかありません。
マスコミに負けないように応援しましょう!
脱マスコミ!


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2012/09/28 10:45 ] マスコミへの不満 | TB(0) | CM(0)

マスコミのネガキャンに騙されるなっ!

ワイドスクランブル 9月14日放送

きょう公示 混戦の自民総裁選
世襲議員5人 加熱する票争奪戦より


伊藤惇夫氏

「派閥の長や長老組がいろいろと跳梁跋扈したりとかですねぇ
自民党って結局変わっていないのかな?というイメージが徐々に強まってきているような気がしますよねぇ
もう一個はですねぇ改めての認識なんですけども・・・今回総裁選に出馬している5名全員が世襲議員なんですねぇ
やっぱり自民党って世襲政党なんだなぁってこと改めて認識しますよねっ!」


世襲議員ねぇ・・・

なんだか政権交代前によく耳にしていた言葉ですね懐かしいぐらいです。また、マスコミのネガティブキャンペーンが始まりました。

当時、マスコミ挙っていろいろな形で自民党に対しネガティブキャンペーンをしてましたね。もちろん伊藤氏も民主党のスポークスマンとして活躍してましたね。そして民主党が政権を取った・・・

さて、その結果は、改めて言うまでもなくこの三年間の体たらく・・・素人にさえ予想がつく結果でした。

そして、再びこんなことを言っている伊藤氏!政治評論家かアナリストだか何だか知りませんが、世襲議員というだけで何の根拠もなく、十把一絡げに問題かあるかのような発言を繰り返す、面の皮が厚いというか厚顔無恥というか、どの面下げてこんなことを言えるんでしょうね。

無責任な発言はいい加減にしろ!

ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2012/09/16 00:17 ] マスコミへの不満 | TB(0) | CM(0)

やっぱり

少し遅くなってしまいましたが久しぶりに更新します。

韓国・鬱陵島視察のため入国をしようとした
新藤義孝衆議院議員・稲田朋美衆議院議員・佐藤正久参議院議員
の3人の自民党の国会議員の入国を拒否した問題を
8月2日の「ワイドスクランブル」が取り上げ、
入国拒否された自民党議員の一人・佐藤正久参議院議員が
生出演した際の川村氏とのやり取りを書き起こします。


/////書き起こしここから/////////////////////////

川村晃司氏
入国できない。つまり事前にわかっていた部分があるんですよね。

佐藤正久 参議院議員(自民党)
完全じゃありませんけど、(武藤)大使は催行を求めておりましたので、それは実際にどうなるかは行かないとわからないと・・・

川村氏
韓国側にしてみれば、「これは入国できないよ」っていう事前に通知していたっていうことも、外務省筋から私も情報を得ているんですけど、その意味ではお互いが過剰反応していて、なぜ?行くんであれば私はもっと外交的な努力と言いましょうか?超党派で与野党でですね、勉強のために行くんだと・・・民主党も自民党も公明党も、あるいは共産党も社民党もっていうそういった巻き込んだ形での日本政府の姿勢を示すというようなことを考えた方がいいんじゃないかと思うんですが、いかがですか?

佐藤 参議院議員
今回我々が訪問に際しては、外務省の方に行って先週の金曜日に「入国を拒否する」という通告があったそうです。それに対して武藤大使は「それは認められない」と「催行を求める」という状況で回答が最終的に来ていない状況で我々は訪問したと結果として催行せずに入国禁止措置のままになったと言うのが実態です。
さらに、超党派の話。これについてはまさに我々が訪問中にもですね。国民新党の亀井亜紀子先生からも電話がきまして「一緒にやりたい」という話もありましたので、今後その方向でも考えて行きたいし、衆議院の外務委員の方でも鬱陵島視察を検討したいと言ってる理事の方もおりますので、そういう面ではやはり、こういう問題は逃げずに、お互いに政治的に解決しないとどうしようもない問題ですから、ここはそろそろ政治的にお互い冷静になってテーブルに着くと言うことが大事だと・・・ま、そのテーブルがないんですよ。
お互い日韓が共認する場がないんですよ。竹島問題については一方的に拒否されてますから、そこは政治の責任だと思います。

川村氏
このままだと韓国の報道なんか見ても、お互いがナショナリスティックになってですね。分断状況になるんで、これで国際的にも領土問題はあるんだって認知されたんで、ですから幅広く国連ですとかあるいはハーグの司法裁判所にですね。
お互いが努力するっていうなんか外交的なルートの努力も必要になると思いますけど

佐藤 参議院議員
日本政府も国際司法裁判所にこの問題を提起しましょうと持ちかけているんですよね。
だけど韓国政府側が「これはダメだ」と

大下容子アナウンサー
両方から提起しないと・・・

佐藤 参議院議員
ダメなんですよ

大下アナウンサー
第3者機関は取り扱ってくれないんですね・・・

寺崎貴司・大下 両アナウンサー
なるほどねぇ

          ~中略~

佐藤
政治が最後は責任を取って話し合いの場を持つということは必要な時期が来ていると私は思います。

/////書き起こしここまで/////////////////////////

この騒動で、
こういった川村氏のような意見を言う輩が出てくると思ってましたが、
やっぱりって感じですね。
きっと川村氏には3人の行動が、
意味のないパフォーマンスかなんかに見えたのでしょうね。

でもね、
民主党政権に変わってから加速したように進んでいる竹島の不法選挙、
反比例してそんなことは報じやしないTVマスコミ、
報じないどころか韓国を持ち上げて問題になってるTV局、
それから領土問題に無関心な国民、
この現状を放置していいはずがありませんよね。

それから仮に、
川村氏の言う様に民主党や社民党、公明党などを巻き込もうとしても、
どう考えても巻き込めるはずありません。
総理大臣自体があれだけ疑惑があるのに…

ちなみに韓国側の様子を映した中に、
「独島発の津波で日本は沈没する」
というとんでもないことまで韓国語で書かれていました。
その辺りにはないもいわないコメンテーター、
それから今回の件で韓国側に何も言わない政府、
一体どんな神経をしているのか。
困ったものですね。
困りすぎて腹が立って仕方がありません。


PS
川村氏なんかにグダグダ言われながらも、
冷静に入国に至った経緯を詳しくわかり易く答え続けていた佐藤議員の姿勢には、
感動すら覚えました。
心から応援したいと思います。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2011/08/07 13:32 ] マスコミへの不満 | TB(1) | CM(1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。