☆独断雑記 XYZ

アンチ民主党である管理人が、独断的な主観で、マスコミや民主党の問題点を書き連ねている素人ブログです。

ホーム > アーカイブ - 2012年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

安倍昭恵夫人の言葉

9月27日放送の「ワイドスクランブル2部」で、
昭恵夫人にインタビューしていました。
その一部を書き下ろします。


書き下ろしここから////////////////////

昭恵夫人
(2007年の)参議院選挙で大敗を自民党がした後から、少しずつ調子が悪くなってきたような感じで・・・その後まぁ・・・アジア歴訪の最中に調子悪くなってきて・・・そばで見ていて気の毒のような感じでもありました。私としては最後の最後の・・・もぉ、本当の苦渋の選択だったのを〝放り投げた〟と言われたことがとてもすごく心外というか・・・

  ここでインタビューのVTRが中断 安倍氏の総裁選出馬時の映像が挿し込まれる。

書き下ろしここまで////////////////////

安倍さんの辞任会見の悔しそうな様子…
今でも忘れません。
本当に悔しそうでした。
そして間近に病気に苦しむ安倍さんの様子を見ていた昭恵夫人。
他の人には使わないくせに、
未だにマスコミが使う〝放り投げた〟という言葉に、
本当は心外なんて言葉では全然足りないぐらいでしょうね。

だからこそ思います。
今度こそマスコミの好き嫌いによる邪魔をさせずに、
安倍さんには日本の国益のために全力で頑張っていただきたいと思います。
そしてその日本のために頑張る安倍さんを、
昭恵夫人には支えていただきたいと心から思いまね。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
スポンサーサイト
[ 2012/09/29 10:53 ] ワイドスクランブル | TB(1) | CM(0)

「ワイドスクランブル」で報じていた安倍さん批判

9月27日放送の「ワイドスクランブル」で、
いろいろな新聞の見出しを紹介していました。
その見出しは以下の通りです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////
◎スポーツニッポン 9月27日 夕刊
●進次郎氏も入れた石破「幹事長」負けても満足「男冥利」
●自民56年ぶり決選逆転 安倍新総裁〝民意なき返り咲き〟
////////////////////////////////////////////////////////////////////

民意なき、民意なきうるさいですね。
民主党が政権を取る前、
「民意、民意」とうるさかったことを思い出します。
党員の意見も民意かもしれませんが、
安倍さんに期待する国民の意見だって民意です。
党員の意見はあくまで党員の意見です。
〝民〟という言葉の意味を都合よく使い分けないでほしいですね。

////////////////////////////////////////////////////////////////////
◎読売新聞 9月27日 
●安倍氏 議員票手堅く 決選 町村派まとまる 石破氏は「脱派閥」響く
////////////////////////////////////////////////////////////////////

派閥、派閥とうるさいですね。
確かに派閥に問題もあると思います。
あるとは思いますが、
派閥なくまとまることもできない民主党を見れば、
派閥にメリットがあることもわかるでしょうに。
ゼロかヒャクかで語らないでほしいですね。
それから「脱官僚」「脱小沢」…
「脱~」なんてただの選挙目当ての言葉だろうに…
敢えて言うなら「脱マスコミ」ですかね(笑)

////////////////////////////////////////////////////////////////////
◎サンケイスポーツ
●石破氏と40年ぶり決選投票 56年ぶり2位が逆転勝利
不安拭えぬ再登板 安倍新総裁
////////////////////////////////////////////////////////////////////

不安拭えぬねぇ…
そうですね、確かに不安があります。
なんたってマスコミは安倍さんが嫌いですからね。
安倍さんを嫌いなマスコミがくだらない批判で邪魔をする、
或いは見方であるはずの人間が後ろから石を投げる、
その点が1番の不安な点です。
そして同時に、逆に聞きたいですね。
「誰だったら不安がないんだよ!」って!

////////////////////////////////////////////////////////////////////
◎毎日新聞
●課題山積 「責任感を」市民ら注文相次ぐ
////////////////////////////////////////////////////////////////////

責任感ねぇ…
もちろん安倍さんには日本のリーダーとして責任感を持って頑張って頂きたいですよ。
そんなことあたりまえの話です。
民主党の様に自分たちの言葉(マニフェスト)にさえ責任感を持たないような、
そんな責任感のない見込みの甘い政治はやって頂きたくないですよね。
安倍さんがまるで無責任とイメージさせるような表現は止めて欲しいものです。


結局のところ、
やっぱりマスコミは安倍さんが嫌いなんでしょうね。
日本を良くしたいとかそういうことではなくて、
安倍さんの再登板を批判したいだけとしか思えないですね。
意見が全然建設的じゃないです。
そんなくだらないマスコミの意見に騙されないようにしましょう。


ちなみに同番組で、
コメンテーターの川村氏が以下のようなことを言っていました。

////////////////////////////////////////////////////////////////////
テレビ朝日コメンテーター川村晃司氏
そうですね、一方では石破さんもですね、最初に議員から得た票が34だったですね、しかし、その後の決選投票の時には、55票・・・安倍さんも基礎票より上積みしましたけど、54票という形で議員の心理として揺れた動いた票は1票ほど石破さんの方が多かったということもありましてね、これはやっぱり民意、つまり党員、党友ということを考えたらば、石破さんがきちんと今後ルールを変えて総裁になるべきではないかという声も未だに残ってますね。
////////////////////////////////////////////////////////////////////

だから何?って感じです。
もっともらしいことを言いながら、
要は安倍さんが総裁になったことを批判しているだけですよね。

それから少し見方を変えれば、
もし派閥の論理だけで今回の代表選が決まるのであれば、
とっとと石原さんで決まったんじゃないですかね。
決選投票にしてもそうです。
こちらも派閥の論理だけだったら、
決選投票の上積み票が石破さんが勝つのはおかしいんじゃないですか。
そして何より、
派閥の論理だけだったら安倍さんは出馬できなかったんじゃないですかね。
マスコミはこぞって自民党が変わるとか変わらないとか言ってますが、
今回の代表選は過去の代表選とはだいぶ違う側面があったと、
私の素人考えでは思いますけどね。

それにしても…
総裁になっただけでこれだけの反応なのですから、
安倍さんが総理になったらもっとひどくなることでしょう。
安倍さんの発言通りの政治ができるためには国民が応援するしかありません。
マスコミに負けないように応援しましょう!
脱マスコミ!


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2012/09/28 10:45 ] マスコミへの不満 | TB(0) | CM(0)

もう始まってる安倍さん叩き!

昨日安倍さんが新代表に決まりました。
心から「おめでとうございます!」と伝えたいです。
そして同時に、
日本を引っ張るリーダーとして頑張って頂きたいと思います。

それはそれで大歓迎なのですが、
安倍さんが代表になることを好ましく思わない人が、
国内外にたくさんいるようで…
国外はともかくそういった連中が国内に多いのも事実です。
まだ総裁になったばかりなのに、
もうテレビや新聞など、
マスコミのバッシングが始まってますからね。

毎日新聞 朝日新聞 

信じられない話です。
ですから安倍さんを応援するためにも
2つのことに注意する必要があると思います。

1つめはマスコミに騙されないことです。
くだらない無難なことしか言えないコメンテーターや、
ニュースといいつつ偏った報道しかできないマスコミ。
どうもマスコミは安倍さんが大嫌いなようですから、
マスコミの恣意的な報道に騙されないようにしましょう。
そして自分が騙されないだけじゃなくて、
勘違いしている知り合いがいたらちゃんと教えてあげるべきだと思います。

2つ目は、実はこっちの方が大事なのかもしれませんが、
保守層が分裂しないことだと思います。
同じ保守でも意見の違いはあるはずです。
しかし多少の違いは仕方がないこと。
それに安倍さんにしろ、
現時点で安倍さんが言えることと、
総理になってから言えることがまったく同じであるはずはありません。
最も大切な国益を大事に、
安倍さんを信じて支えるべきです。

繰り返しになりますが、
もうマスコミのバッシングが始まっています。
マスコミに負けないように安倍さんを支えましょう。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2012/09/27 11:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

「報ステ」より、やっぱりネガキャン!?

9月25日放送「報道ステーション」で、
自民党総裁選について報じていました。
その際の古館伊知郎氏と三浦俊章氏のやり取りを書き下ろします。

書き下ろしここから//////////

古館伊知郎氏
何か・・・何か引っ掛かったり、おかしいとなぁと思うことの連続だったりするんですけどもね・・・

三浦俊章氏 (朝日新聞論説委員)
そうですね、今、民主党の代表選と比べちゃうんですけども、自民党のやっぱり関心があるのは、“どっちが勝つのかわからない”というところと、それからまた次、総理大臣になるかもしれないというところがありますけども、でも私がやっぱり・・・私が一番引っ掛かるのはですね、本来は、こういう総選挙による最大野党の党首というものは、前の選挙の敗北を受けてですね、時間をかけて党を立て直し、マニフェストを決めていろんな国会の論戦を経て、時の試練を経た人だと・・であるべきだと思うんですけど、ま、自民党の谷垣さんが、ああいう事情で辞めてしまったわけですよね、しかしあの・・・選ぶ側からすると、実績が知りたいわけでして、急遽、党の顔選びっていうことで・・・ま、明日、決まった人はですね、やっぱりどれだけ能力があり、指導力があるかですね、短期間に見せてくれるかということになりますよね。

古館氏
あのぉ・・・選挙も一度勝ち、総理を退陣に追い込んだりしてきた、3年間の谷垣さんが選挙の顔で弱いんじゃないかみたいな声もあったりなかったりで、肝心な人が引っ込んでいるということ事態がおかしいですよね?

三浦氏
古館さん・・・イギリスがいい例ですけど、あのぉ総選挙から総選挙までが党首の任期なんですね。そうやって、試す訳ですよね、日本の場合はその辺があまりルールが整備されてないので、しょっちゅう党の顔を変えるということになっちゃうんですよね、そこがちょっと日本の政治にマイナスですけどね。

古館氏
あとは、朝日新聞の夕刊の素粒子にも載ってましたけども、決選投票が必至だという時に、1位より2位の人の方が有利な選挙の不思議というのがありましたけどれども、これもよくよく考えてみると、変な話でね・・・じゃぁ次行きます。


書き下ろしここまで//////////

まあ、谷垣さんが代表に相応しいかどうかは別として、
体調など特別な事情があるわけでもないのに、
谷垣さんが代表選に出馬していないのは確かに変ですよね。
そうやってマスコミに突っ込む隙を与える自民党長老にも非常に憤りを感じます。

ただ、このお2人のやり方を聞いていると、
どうしてもそれだけには聞こえません。
私の心が狭いだけなのか、それとも勘ぐりすぎなのか、
とにかく自民党を批判したいという意識、
或いは安倍さんが嫌いという意識を感じてしまいます。
言ってる本人たちも無意識かもしれませんけどね。
仮に谷垣さんが出馬していても、
形を変えて同じようなことを言ってるんじゃないんですか?

民主党政権誕生にマスコミが大いに協力し、
結果はこれだけの体たらく。
そしてまだ懲りずにこういった報道をする。
いい加減にして欲しいですね。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2012/09/26 11:23 ] 報道ステーション | TB(0) | CM(0)

金慶珠さんに同感!しかし…

9月24日放送の「TVタックル」のコーナーで、
江川達也さんと金慶珠さんが韓国の愛国教育をリポートしていました。
その中での金慶珠さんの発言を引用します。

/////書き下ろしここから///////////////

金慶珠さん
どの国の若者も自分の国をどうやって愛していくのかっていうそれぞれの愛し方は違うかもしれないけど、こういう積極的に活動をすることは、行き過ぎた政治的な関与がなければ、これはこれで非常に健全な活動のひとつっていう印象を持ちますけど。

/////書き下ろしここまで///////////////

金慶珠さんの仰ることにまったく同感です。
確かに愛国教育も、
国を愛する活動も必要でしょう。
自分の国を愛するなんて極めて当然のことです。
ですから、客観的な第三者の意見としてそこだけ聞くと同感なのですが、
残念ながら金慶珠さんに言われても説得力が…

果たして韓国の愛国教育には、
行き過ぎた政治的関与がありませんかね。
事実じゃないことを洗脳教育していませんかね。
日本に居るのに金慶珠さんはそれがわからないんですかね。
嘘の教育が行き過ぎた政治的関与じゃないんですかね。
「よく言えるなっ!」って思います。
ちゃんと教育するんだったら、
竹島近海および日本の領海内で、
韓国の不法操業の漁民が、
不法操業だけじゃなく道具の放置など、
どれだけ日本に迷惑を掛けてるかなんてことも教えたらどうでしょうね。
反日及び自己満足の愛国教育なんて必要ありません。

まあ、韓国の話はどうでもいいとして、
日本の場合はもっと愛国教育をすべきだと思います。
もちろん、どこぞの国の様に、
嘘の教育なんかではなくてですよ。
韓国を反面教師として見習って、
領土問題についての意識教育も必要ですね。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2012/09/25 11:22 ] TVタックル | TB(0) | CM(0)

野田総理の想定外発言

9月19日放送の報道ステーションでの、
野田総理の発言を書き下ろします。

書き下ろしここから////////////////////

古館伊知郎氏
あの今回ですね、尖閣の国有化に出た。専門家の中でも〝それは良し〟と・・・しかしながら、固有化するに場合に中国側に対してそこで根回しをして、国が管理するんだとさまざまなパイプを通じて中国とネゴ(ネゴシエーション)をやっておけば、こういう強い行動を多少は抑止できたはずだという風に批判をする専門家もいるわけですが、今回、そういうことがちゃんとできていましたか?総理・・・

野田義彦首相
今回ですね、私も国有化をするという意味は、長期的にこの尖閣諸島を平穏かつ安定的に管理する。維持管理をするということが目的であるということは、これは再三、あらゆるルートを通じて説明をして参りました。もともと領有権の問題は存在しないんですが、しないんですが所有権が変わると、平成14年以来、あの・・・国としては、まぁ・・・所謂、借りてる立場でした個人から・・・そうではなくてより長期的に平穏かつ安定的に維持管理をする。そのために国有化するのであるということを常に、言い続けてきけてたつもりなんです。で、そこはコミュニケーションが決定的に足りなかったというと・・・意志は伝えてきました。しかし、残念ながら(中国側が)充分理解をされなかったということでございます。

古館氏
じゃあ・・・逆にいうとそれは想定の範囲内なんですか?こんなに酷いことになってますが?

野田首相
いやっ・・・これは想定を超えてます。ただ、どちらにしろですね、(中国側が)独自の主張をされてる中で、国有化するということになっても、やっぱり一定のハレーション、摩擦は起こるだろうということは勿論、考えられました。ただ、ま・・・この規模であるとか、等々については想定を超えていました。

書き下ろしここまで////////////////////

なんだかなー
中途半端な行動というか、
見込みが甘いというか…
強かな中国のことですから、
尖閣を盗る絶好のチャンスとばかりに行動してきますよね。

もちろん尖閣諸島の国有化に反対するわけではないし、
寧ろ遅すぎたぐらいと思います。
しかし、民主党政権で尖閣諸島の国有化を行うべきだったかどうか…
そこには大きすぎる疑問が残りますね。

きちんとした目算があっての計画的的な行動でもない!
せめて強い意志と腹括りでもあればいいものの、
そこに中国と正面から対立するという意思も感じられない。
野田政権云々ではなく民主党の体質そのものですね。

日本の総理大臣だったら、
既に国有化を決めたんですから、
想定外とかそんな頼りないこと言ってないで、
きちんと日本の意思を発言して欲しいですね。





ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2012/09/21 10:33 ] 民主党関連 | TB(0) | CM(0)

古館氏の原口氏への発言を聞いて

9月19日放送の「報道ステーション」に、
民主党代表選の4名が出演していました。
その中で気になるやり取りがあったので、
部分的に書き下ろします。

書き下ろしここから////////////////////

古館伊知郎氏
原口(一博)さんが今、総理(野田義彦)に要望されたこと(原発ゼロに関して)はですね、中身に関しては理解ができます。しかし一方で同時に感じるのを率直に申し上げます。与党として同じ党としてと仰いましたけども、まさしく政権交代から3年間、同じ党としてそれは、赤松さんにも、鹿野さんにも言えるかもしれません。もっと与党として徹底的に党内議論で話を一つにまとめていくということが、できなくてこうなってしまった。それに失望している人は多いですよ原口さん。

原口一博衆議院議員
古館さんね、だから代表選挙で私はこう考えますって言って、考えた方を戦わせているわけです。国民みんなの前で、どっちがただしいですか?ということを堂々と議論をしている。それで決着がつけば、その人に従うこれが民主主義です。

(中略)

古館伊知郎氏
それはねぇ、あのそういう評論家だったらいいですけどね、農水大臣までやられた鹿野さんもそうでらっしゃいます。総務大臣やられた原口さん、みなさんこの民主党が政権交代してから大変重要なポジションを担った方なのでね、そういうことこそも目を光らせて、ちゃんとして欲しかったという方多いです。そこで原口さん、ちょっとだいぶお待たせして申し訳なかった。これに関してはかなりご意見あると思いますけど、もう一度言います。三次補正9.2兆円のうちおよそ2兆5千億円が被災地以外で使われている。重要な奴もいっぱいあります。沖縄の道路だって重要です。しかし、これで筋道が通るかというかことに関して、端的にご意見を伺います。

原口一博衆議院議員
通りませんね。14兆9千243億円のうちのですね4割、5兆8千728億円が残って、そして繰り越しが4兆7千694億円。つまり被災地に届いてないんです。で、被災地に実際に古館さん仰るように、私たちチェックに入っております。古館さんねぇ、その中で〝えぇっ?〟というようなのがいくつもあるんですね。例えば、環境省が細かいところまで口を出していて、そのぉ・・・がれき処理のところで、そのぉ・・・(がれきを)灰にすると・・・それは・・・普段の焼却炉だったら6千万ぐらいでできるやつをそのフィルターをつけなさいと・・・ダイオキシンのフィルターをつけなさいとそうすると1億円ぐらい掛かると、4千万余計に掛かるんですね。で、じゃあ、そのフィルターをつけたらどうなるか?というと、所謂、セシウムそういうようなものが付着してしまって、実際はそんなものは使えないと業者はわかっているのに、それを環境省がつけなさいという。つまり役人主導の政治を私たちは根本から変えるっていうのが、私たちの役割だったはずです。ですから古館さんが仰る通り、私たちは今、政府の外側にいますから議会としてチェックをして、「野田総理、こういうことが起きてますよ。実際には被災地には届いてませんよ。」これを私たちが今、サポートの側で言ってる訳ですね。

古館伊知郎氏
しかし、原口さん。役所の縦割りを今、痛烈に仰っているんだが、それは原口さんもそれを改善しなきゃいけなかった当事者ですよ!与党ですから、かつては閣僚だったんですよ!鳩山政権ではそこはご認識頂きたい。

原口一博衆議院議員
古館さん、それはそういう論理で仰いますけども、今私は政権の中にいないわけです。だから国会議員としてチェックをしたものを、私が総務大臣の時に、復興予算っていうものはないですから!

古館伊知郎氏
(遮るように)わかりましたっ!

書き下ろしここまで////////////////////

原口氏っていつも「自分はやってる…」ばっかりですよね。
以前の「TVタックル」で、
青山繁晴氏が原口氏に「人事みたいなことを言うな!」と、
激しく怒っていた場面を思い出します。

きっと古館氏が言いたいことは、
脱官僚を掲げて政権を取った民主党が、
何も出来ていないじゃないかということだったと思うんですよね。
要するに仕組みが何も変えられていないじゃないかと!
あなたはその仕組みを変えていないんだと!
ところがその問いかけに対して、
「自分が総務大臣の時は復興予算がなかった」って…
政府内にはいなくても与党内にいるのに、
相変わらず人ごとの様な発言ですね。
野党役がよくお似合いです。
一刻も早く解散選挙で政権が変わることを願います。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2012/09/20 11:20 ] 民主党関連 | TB(0) | CM(1)

理解できない民主党への「政権交代への評価」

9月16日放送の「日曜討論」で、
今回民主党の代表選に出馬した4人が出演していろいろと言ってたんですが、
「政権交代への評価」というアンケート結果が紹介されていました。

平成22年9月の時点で、「良かった」が58%、「悪かった」が8%、「どちらともいえない」が30%、そして今月は、「良かった」が30%、「悪かった」が24%、「どちらともいえない」が42%でした。

この現状で、「良かった」が30%もあり、「悪かった」が24%しかないんですね。
驚きました。

実行できない甘い見込みの詐欺的なマニフェストを掲げて、
いざ政権を取ってみれば、
追う時はまとまっていた団体も所詮は烏合の衆。
予想通りの空中分解。
外交的にもグチャグチャ。
民主党政権の一体何処がいいのか…
まったく理解できません。

まあ、もしかしたら民主党云々ではなく、
自民党が野党になったことを評価してる人もいるのかもしれません。
確かに自民党に問題があるのも事実ですが、
それを差し引いても…
私には政権交代が良かったとは思えません。

この世論調査を行った同じ人たちに聞いてみたいですね。
「このまま民主党に政権を任せるべきか?」と。
どんな結果になるのでしょうね…

同番組の中で、
4人の候補者のうち3人は解散する気はないようなことを言ってましたが、
任期を全うしようが政権維持なんてほぼ不可能な現状の中、
無駄に民主党政権を続けるなんて迷惑な話です。
本当に日本や国民のことを願うのであれば、
一刻も早く状況を整えて解散して頂きたいですね。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2012/09/17 11:07 ] 民主党関連 | TB(0) | CM(0)

マスコミのネガキャンに騙されるなっ!

ワイドスクランブル 9月14日放送

きょう公示 混戦の自民総裁選
世襲議員5人 加熱する票争奪戦より


伊藤惇夫氏

「派閥の長や長老組がいろいろと跳梁跋扈したりとかですねぇ
自民党って結局変わっていないのかな?というイメージが徐々に強まってきているような気がしますよねぇ
もう一個はですねぇ改めての認識なんですけども・・・今回総裁選に出馬している5名全員が世襲議員なんですねぇ
やっぱり自民党って世襲政党なんだなぁってこと改めて認識しますよねっ!」


世襲議員ねぇ・・・

なんだか政権交代前によく耳にしていた言葉ですね懐かしいぐらいです。また、マスコミのネガティブキャンペーンが始まりました。

当時、マスコミ挙っていろいろな形で自民党に対しネガティブキャンペーンをしてましたね。もちろん伊藤氏も民主党のスポークスマンとして活躍してましたね。そして民主党が政権を取った・・・

さて、その結果は、改めて言うまでもなくこの三年間の体たらく・・・素人にさえ予想がつく結果でした。

そして、再びこんなことを言っている伊藤氏!政治評論家かアナリストだか何だか知りませんが、世襲議員というだけで何の根拠もなく、十把一絡げに問題かあるかのような発言を繰り返す、面の皮が厚いというか厚顔無恥というか、どの面下げてこんなことを言えるんでしょうね。

無責任な発言はいい加減にしろ!

ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー
[ 2012/09/16 00:17 ] マスコミへの不満 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。