『TVタックル』より、浅はかな森永氏の発言 ☆独断雑記 XYZ

アンチ民主党である管理人が、独断的な主観で、マスコミや民主党の問題点を書き連ねている素人ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 『TVタックル』より、浅はかな森永氏の発言ホーム > 未分類 > 『TVタックル』より、浅はかな森永氏の発言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『TVタックル』より、浅はかな森永氏の発言

12月29日放送の『TVタックル』にも、
田母神さんが出演されていました。
いろいろなやり取りがありましたが、
森永氏の絡んだ一部を引用します。

森永卓郎氏
あのー私1つだけ田母神さんに聞いておきたい事があるんですけど、例えば公海上で米軍機と航空自衛隊機のね、自衛隊機が訓練飛行中に仮にどこの国かわかんないですけど、米軍機を撃ち落しに来て、撃ち落とされちゃった。で、敵はそこにいるって言った時に、田母神さんが幕僚長だった時に、どういう風に指示を出すんですか?もしその様な事態が起こったとしたら・・・

田母神俊雄氏
できないでしょうね・・・法律的には・・・

森永氏
その時には撃ってはいけないと止めるんですか?

田母神氏
撃ってはいけないでしょうね。うん・・・だからそれは、その時にですね日米同盟関係は、もし日本がですね、助けなければその瞬間に終わりですね、崩れますよ日米同盟は・・・

勝谷誠彦氏
だけど、(日本の)法律としては決めているんだから、空爆長としてはその命令を守らなきゃならない。

田母神氏
そう決めているから、そうしかならないでしょうね。

阿川佐知子さん
森永さんだったらどうしますか?

森永氏
私は絶対撃っっちゃいけないですよ、

長島昭久氏(民主党衆議院議員)
見捨てるの?!

森永氏
見捨てる?当たり前じゃないですか!!

三宅久之氏
見捨てて退却するんだよ・・・ね?

森永氏
それしなかったら、どんどん戦争になっていくじゃないですか・・・

勝谷氏
攻め込まれたらどうするの?それだったら・・・

大竹まこと氏
もう戦争になってんだから・・・

田母神氏だから、そういうことがですね。戦争を誘発するんです。結局日本が、沖縄の上空をですね、ロシアの爆撃機が飛んで行ったりするでしょ、それはね、飛んでっても撃ち落されないからね入ってくるんですよ。あれ入っていったらね、もう他所の国と同じ様に撃ち落されると思ったらね入ってきません。

三宅氏
うん。

森永氏
その集団的自衛権の行使をできるように変えて、撃ち落とせるようにした方がいいっていうこと・・・

田母神氏
私はその方がいいと思ってます。

平沢勝栄氏(自民党衆議院議員)
森永さんね、結局(北朝鮮による)拉致って言うのは、結局その・・・泳いで連れていかれたんじゃなくて、船で連れて行かれたでしょ、北朝鮮の不審船っていうのは、日本海でうろちょろずっと、1960年代からしている訳ですよ、日本の航空自衛隊とか海上保安庁は、その船をほとんど見つけている訳ですよ、見つけて追っかけてるんですよ、で、どうしたかというと北朝鮮の領海まで追っかけて行ってね、船だ飛行機だで追っかけて行ってUターンして帰ってきていたんですよ。だから日本が何もしないということで、それから次から次に拉致が起こるわけじゃないですか、あの時に実力行使していれば、その後の拉致は起こってないんですよ。

森永氏
いや、そんなことないですよ。

平沢氏
そりゃそうでしょう。だってそんなこと起こる訳ないじゃないですか。

田母神氏
だからですね。他所の国はですね、所謂、外交交渉のバックには軍事力があるんですね、「言う事聞かなければ叩くぞ」ということで外交交渉するわけですよ、日本の場合はですね、「おまえ!言う事を聞かないか!それじゃ話し合うぞ!!」って言う訳でしょ、これでは外交交渉にもなりませんよ。

森永氏
でも、それでもね、ずっと戦後60年間、日本は戦争せずに繁栄できたじゃないですか。

阿川さん
アメリカに守られているから。

勝谷氏
アメリカがいたから。



上記やり取りは、
森永氏のような主張をする方々の主張が、
いかに浅はかであるかがわかりますね・・・


それにしても、
上記やり取りで話題になってる集団的自衛権の問題ですが、
安倍政権時代はその解釈にも触れようとしていましたが、
福田政権以降は何もなくなってしまいました・・・
内政面が大変なことももちろんわかりますが、
いつまでこういった矛盾をそのままにしておくつもりでしょうか。
憲法に関してもそうです。
国の根幹に関わることなのですから、
同時進行で取り組むべき重要な課題のはずです。
安倍政権が目指した戦後レジームからの脱却・・・
私は必要なことだと思います。
2009年の国会では、
いろいろな意味でもっと建設的なやり取りが見れることを願いますが・・・


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー

[ 2008/12/30 12:30 ] 未分類 | TB(1) | CM(7)
安倍さんはやはり若手議員の代表だったんでしょうね。
福田さんをはじめとする自民党の長老は
戦後レジームを容認してるんでしょう。
外国と揉めることなんか考えたこともないというか。
責任も取りたくないですしね
[ 2008/12/30 14:02 ] [ 編集 ]
森永卓郎、福島瑞穂、加藤紘一、谷垣(ハニ垣)・・・皆、赤門をくぐって出てきた連中。赤門の養成所にはレッキとした左翼や半島系教授としていたりして、その手の人間を数多く輩出(排出?)。築地チョウニチに就職する人間も多いのではないですか? 早稲田といい勝負。
[ 2008/12/30 15:25 ] [ 編集 ]
はじめまして
このやり取りの場面を観ておりましたが、開いた口が塞がらないとはまさにこの事です。しかも当の本人は何の迷いもないような、しれっとした顔をしていたから恐ろしい。以前から森永某の錯誤は有志のブログなどで指摘されておりましたが、本当に救いようがない馬鹿者ですね。小学生の愚息も「こいつの言う通りにしたら、日本が負けちゃうじゃん。こいつ中国の手先なの?それともバカなの?」と申しておりました
[ 2008/12/30 22:08 ] [ 編集 ]
こんなことでは、アメリカから、日本は役立たずとして見捨てられるでしょう。そうなれば、日本は単独で防衛しなくてはなりません。

>でも、それでもね、ずっと戦後60年間、日本は戦争せずに繁栄できたじゃないですか。

この主張に関しても、相手からすれば、おのずから利益を引き出すことができれば、無理していくさをする必要がないから、いくさがなかったのに過ぎないこと気づくべきであります。
[ 2008/12/30 22:34 ] [ 編集 ]
憲法改正は、いままで同盟国であるアメリカの反応も重要な要因だった。
戦後、日本の防衛の枢要部分を担ってきたアメリカは日本の新憲法のあり方にも、
どうしてもかかわってきました。憲法の最大欠陥とされる第九条の国防の事実上の
否定は、補ってきたアメリカの抑止力の取り入れ方にふれずには、論議できないから。
アメリカは憲法改正をどうみるのか。

アメリカと一言でいっても、もちろん一枚岩ではありません。
日本の改憲への動きをみる目は複雑です。
マケインなら今までどおりだったかも知れないが、オバマになった今、ある意味
アメリカの日本離れとなって、日本独自の防衛が必要になってくる。
いつも立ち消えになる憲法改正も、しやすくなるんじゃないかと思う。
[ 2008/12/31 02:11 ] [ 編集 ]
森永よりも共産党の方が悪だと感じた

共産党は 悪のにおい がする
[ 2008/12/31 02:58 ] [ 編集 ]
なにせ「せめてきたら竹槍で対抗すればいいから自衛隊は要らない」というアホですからね。
で、そのときは「アメリカへ」逃げる…。

こういうウツケ者に政治的に発言の場を与え続けていることだけで、
日本のメディアは終わってます。
普通の国なら精神病院行きで御の字。
連中のお好きな国だったら収容所送りでしょう。
[ 2008/12/31 16:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
管理人の承認後の反映となりますのでご了承下さい。
この記事のトラックバックURL
http://dokudannxyz.blog41.fc2.com/tb.php/17-fc348b03

 昨夜の「TVタックル」は非常に腹立たしかった!  森永卓郎が護憲の立場で  「
[2008/12/30 17:06] EmpireoftheSun太陽の帝国

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。