無責任な放送 ☆独断雑記 XYZ

アンチ民主党である管理人が、独断的な主観で、マスコミや民主党の問題点を書き連ねている素人ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 無責任な放送ホーム > マスコミへの不満 > 無責任な放送

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無責任な放送

先日、〝日本李登輝友の会〟が、
NHKスペシャルの問題で、
NHKに対して公開討論会の開催と登壇の要請を行ってましたが、
ZAKUZAKU記事によると、
NHK側は公開討論の開催を拒否したようですね。
しかも拒否理由は、
「自分たちは偏向と思っていない」とか、
「事実関係に間違いがあるとは考えていないから」って・・・
自分たちの作品を自分たちで評価してどうするんでしょうね。
インタビューに答えてらっしゃった方ご本人や、
第三者が見て『おかしい』と思うから問題になってるのに。
自分たちの作品に間違いがないと自信があればこそ、
NHKは逃げずに公開討論を行うべきだと思います。
それをしないのは無責任極まりないと思います。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー

[ 2009/05/02 11:00 ] マスコミへの不満 | TB(1) | CM(4)
居直りました。相当な焦りは有るのでしょうが此処までやるとは驚きました。
言論・表現・捏造・歪曲はNHKの裁量で有り、放送の内容は公平だとNHKが判断している。お前たちは見えるだけで有りがたいと思え「言論の自由」を阻止する様な下らない討論は不要と言うことでしょう。凄いものです。
[ 2009/05/02 13:43 ] [ 編集 ]
http://www.yoronchousa.net/

ネット世論調査政党支持率 - 2009年5月

ネット世論調査麻生内閣支持率 - 2009年5月
[ 2009/05/02 15:11 ] [ 編集 ]
情報のみ失礼致します。

下記の文章は深田匠著「日本人が知らない二つのアメリカの世界戦略(高木書房)」からの抜粋に私の直接目撃したNHKの偏向報道の事例を加筆したものです。

■NHKが共産党に事実上支配されるに至った発端は、

「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」を実施したGHQ民間情報教育局(CIB)の本部がNHK内に設けられ、ニューディーラー(米国民主党系左派)が戦前・戦時中のNHK幹部を追放して共産党員を積極採用したことに始まります。

★NHKには内部に二十二の共産党支部が有り、昭和六十三年の調査では東京都下だけでも、九十八名以上のキャスター、アナウンサー、ディレクター等が共産党員であることが確認されています。

この共産党員の数は、テレビ朝日(朝日新聞系)やTBS(毎日新聞系)と並んでテレビ業界の上位三位に入るものです。

自由主義国で公共放送を共産主義勢力に支配されているのは、日本と韓国、この二カ国だけです。

NHKの偏向報道の具体例に関しては以下のような例があります。

平成十六年五月二十日のNHK『 ニュース7 』は、イラクで拘束された高遠菜穂子のインタビューを放送する中で、

★「自衛隊を撤退させなかったのは当然だと思います」という発言の部分だけを編集によってわざとカットしています。

民放でこの発言をわざとカットしたのはTBS『ニュース23』だけですが、これは即ちNHKとTBSが共産党の御用放送と化していることを裏付けています。

なお北京には「日中メディア交流センター」なる対日プロパガンダ機関があり、ここにNHKの職員二名が常駐し、

中国に関する番組を制作する際に、中国共産党の「指導」を受けています。

NHKの中国共産党に対する阿諛追従ぶりは、もはや完全に常軌を逸しており、

例えば平成十二年春にNHKが特集として放送した『ダライ・ラマ』では、中国共産党のチベット侵略を「人民解放軍の進駐」と言い換え、

チベット民衆の独立運動に対する中国共産党の弾圧虐殺を「鎮圧」と呼び、★あげくのはてには「チベット動乱はチベット仏教こそがその紛争原因だ」と解説するに至っています。

明らかな侵略者である中国共産党を「解放者」として位置付けたこの番組は、黒を白と言いくるめる中国共産党のプロパガンダ放送そのものです。

以下は私個人の偏向報道目撃事例です。

■NHKは、サッカーのアジアカップ日本対中国戦の報道において、重慶スタジアムでの「 君が代 」吹奏に対して浴びせられた中国人の反日ブーイングの音声をわざと絞り、聞こえなくしながら

「本日の国歌吹奏は静かな雰囲気の下で云々」などと平気で嘘を放送し

★さらには日本のゴールシーンで浴びせられた罵声の大合唱を消して、代わりに別録音した歓声をアフレコして放送しています。

★それ以外にもNHKは、アテネ五輪の競泳女子八百m自由形で金メダルを獲得した柴田亜衣選手の表彰式後のインタビューで、

「最初は実感が湧かなかったんですけれども、表彰台に上がって日の丸の国旗を見たら、金メダル取ったんだなって‥‥(涙)」というコメントの

★「最初は実感が湧かなかったんですけれども、表彰台に上がって日の丸の国旗を見たら」の部分だけを丸々カットしたり

アテネ五輪柔道女子四十八キログラム級の金メダリスト谷亮子選手が結婚した際のインタビューで、谷選手(ヤワラちゃん)の

「結婚したら名字が変わるのは当たり前。 なので、これからは“谷亮子”として頑張ります」というセリフもカットしています。

★このように左翼イデオロギーやフェミニズムに基づくNHKの歴史歪曲と情報操作、思想検閲は数え上げればキリがなく、公共放送NHKは完全に狂気を極めています。

★「拉致は韓国安企部のでっちあげ」「大韓航空機爆破は韓国の自作自演」と主張していた北朝鮮シンパの吉田康彦元埼玉大学教授も、元々はNHK国際報道局長を務めていた人物です。

この一事をもってしてもNHKの偏向性が良く分かるというものです。

★その他、旧社会党のマルクス主義者=上田哲もNHKの労組委員長をかつて務めていた人物です。

さらに、NHK教育テレビで放送されていた「 しゃべり場 」という中高生の討論番組にも佐高信など全共闘くずれの一種の狂人がゲストとして登場し、

子供達に対して「社会に対する怒りを持て」などと煽動していました。

★この「しゃべり場」という番組の狂った制作者達は、

「自由で豊かで治安の良好な日本と言う素晴らしい国」に生まれた幸せを子供達に気づかせ、感謝する心を教えるべきところを

★北朝鮮や中国の共産主義独裁体制に憧れ、

日本を共産化するべく暴れていた己らの醜く卑しく愚かな過去を正当化しながら

子供達を反体制イデオロギーで洗脳していました。

★NHKは「 受信料を払わないのは法律に違反する 」などと言っていますが、

NHK自体が放送法を完全に無視する極左の無法者の集団です。

NHKは管理職を除いた全職員(全職員の七割以上)が極左の労組=日放労に加入しています。

極左労組の狂人集団に占拠された公共放送がNHKの正体です。
[ 2009/05/02 16:26 ] [ 編集 ]
 大変ご無沙汰しております。 
 本件、私達の中でも当然話題になりましたが、本当にメチャクチャな番組です。
 公共放送とはいえ、いや、だからこそ厳罰に処されるべきと思います。
 5月16日、全国一斉に抗議デモを行なう予定です。
 もちろん、福岡放送局は私達が行く予定です。
 絶対に許せません。
[ 2009/05/02 23:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
管理人の承認後の反映となりますのでご了承下さい。
この記事のトラックバックURL
http://dokudannxyz.blog41.fc2.com/tb.php/181-cc0bfdfe

シナ中共の「 悪魔の日本侵略戦争 」に加担するNHKに、日本国民は視聴料を払う必要はありません。日本の法制度は非常に良く出来ています。嘘・捏造・偏向の反日番組を作るNHKには合法的に視聴料を支払う必要がないのです。 悪魔の国シナ、日本を侵略中のシナの犬と化したN...
[2009/05/02 11:41] 日本に迫る危機・イザ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。