『新・ワイスク』より、長妻大臣への官僚の態度を聞いて ☆独断雑記 XYZ

アンチ民主党である管理人が、独断的な主観で、マスコミや民主党の問題点を書き連ねている素人ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 『新・ワイスク』より、長妻大臣への官僚の態度を聞いてホーム > 未分類 > 『新・ワイスク』より、長妻大臣への官僚の態度を聞いて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『新・ワイスク』より、長妻大臣への官僚の態度を聞いて

9月28日放送の新『ワイドスクランブル』夕刊キャッチアップのコーナーで
日刊ゲンダイの3面の記事を取り上げていました。
長妻厚生労働大臣と厚生労働省の官僚との近況についてです。
その内容は箇条書き致します。

●TVなどで報道されたことで記憶に新しい、9月17日の初登庁の際、職員からの拍手なしという異例の状態で出迎えを受けた長妻・厚生労働大臣、そんな新任の大臣に対し、『小泉、菅、舛添と奇人・変人の大臣を迎え入れ、大物に育ててやった。長妻なんて大したことはない。』と平然と言い放つ幹部の存在がいる。

●厚労省担当記者に言わせると、初登庁の際、拍手で迎えなかったことは、新任の長妻大臣を完全にナメ切っているからで、官僚側(幹部)の長妻大臣に対する〝宣戦布告〟ですよと見解を示す。

●上記のことを裏付けるように、2009年度の補正予算の見直しについて、長妻大臣から「優先順位の低い事業をしたから5つだしてほしい。」という命に対し、官僚は「優先度はみんな一緒です。」と言ってのけた。

●そのような状況下、長妻大臣が連日、厚生労働行政に関する政策説明を、各担当官から受けている。所管分野は労働から医療など多岐に渡り、その政策を網羅するのは困難だと考えた、長妻大臣は、新たな試みとして、説明時に党政策調査会の職員を同席させようとしたところ、官僚たちからの猛反発に遭ってしまった。その理由として『守秘義務のない一般人がいるのはおかしい』ということだった、しかしそれは表向きの理由であり、単に同席させたくないという嫌がらせそのもの。

●民主党関係者によると、官僚は、膨大な説明資料で長妻大臣を困らせ、国会答弁や会見で失敗させようと狙っている節があるという、仮に同席の職員らが、政策立案に知恵を出したり、答弁資料などを考えたりすると都合が悪いのではないか?という見解を示す。

●政治主導を唱えているために、国会答弁の際、官僚が、長妻大臣をフォローしないという場面も大いに考えられる。


別に長妻大臣をそんなに応援しているわけではありませんが、
この現代記事が本当であればとんでもないですね。
日本将来にとっても、
若い官僚の皆さんにとっても、
こんな官僚は害毒でしかありません。
クビにすべき存在としか思えませんね。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー


[ 2009/09/28 17:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)
散々、脱官僚依存たら、マスゴミとタッグで前政権非難、揚げ足とりやら、質問趣意書濫発をなさったのだから、これからは政治家のみで、"有能さ"を示していただきたいものです(棒読み)。
結果、国内外への影響があろうとも、民主党政権を招いた以上、甘受する覚悟は日本人たるものあるはずですから。
[ 2009/09/28 21:31 ] [ 編集 ]
自治労から情報を貰っていた大臣が・・・軽い男でしょうが、もう官僚たたきは橋本時代からやってきており目新しいことでは有りません。
マスコミが伝えなかっただけで、その後遺症が官僚に愛想を尽かした出来そこないが民主にも自民にも多い事を見ると、官僚の天下り先は「政界」党人派が少なく成ってきている今、大きな日本のかじ取りは出来ないでしょう。
学者上がり、官僚上り、テレビ上り、踊り子上り?薬剤上り?これじゃ政治に見向く人はしらけてくる。せめて選挙の時ぐらいは日本人と言う姿勢を見せて変な奴は入れないでほしい。
[ 2009/09/29 09:35 ] [ 編集 ]
このブログを信用していましたが、今回の文章は完全にテレビに操作されていますね。官僚なんて、無力なもんですよ。マスゴミによって、スケープゴートにされているだけ。もう失望です。少しは池田信夫先生や三橋貴明さんのブログや著書を読んでみてください。

 http://agora-web.jp/archives/758743.html
[ 2009/09/29 20:17 ] [ 編集 ]
>官僚なんて、無力なもんですよ。

安倍晋三氏が、志半ばで首相を辞した原因の1つに消えた年金問題がありましたよね?それによる社保庁の自爆テロがあったらしいんですがどう説明して頂けますか?

民主党政権になってイライラしているのは、あなただけじゃない。
しかし、長妻氏は、長妻氏なりに年金や医療問題に真剣に向き合おうとしている姿勢は持っていると信じているんですけど・・・実のところ、長妻氏自身が現場に入ってみて、自分が言ってたことがいかに机上の空論いや、奇麗事だったのか、骨身に沁みているのかもしれませんよね。

だからと言って、民主党政権を支持している訳ではなく、損益になることや妙な法案をチラチラさせるようだったら、国民1人1人が声を上げるなり、常に動向を見ていかなければいけないという不安感が常に付き纏っていることも確かです。

>少しは池田信夫先生や三橋貴明さんのブログや著書を読んでみてください。

もっと自分の言葉でコメントして下さい。言葉が宙を舞ってるだけで虚しくなるからそれに、大変失礼だと思われますが。

管理人どのお目汚しならば削除して下さい。
[ 2009/09/29 22:53 ] [ 編集 ]
保守良識派も官僚批判に関しては、完全にマスコミにだまされているからです。自分は今は官吏ではありませんがブログだけ書いている方よりも役所、メディアの実態は経験しています。今はまったく違う立場ですが国民がこれに気がつかない限り、悪法が通るのが先でしょう。官僚がメディアを操るのではなく、放送局側が政策を操っている傾向がはるかに大きいです。彼らが数十年にわたって電波を支配して洗脳してきたことをくつがえすのに、数行でわかっていただけますか。本を読み、リテラシーする努力が嫌なら霞ヶ関と汐留や赤坂を見学してきてください。
管理人さんの普段の姿勢、論調には共感していますよ。
[ 2009/09/30 08:58 ] [ 編集 ]
とにかく事実を良識派が共有しないと、なにも始まりません。自治労に守られる社保庁や地方役場の職員(やすんでも、さぼっても絶対クビにならない)と、夜中まで薄給、激務の霞ヶ関組と混同していませんか。40歳前で国家一種は年収800~850万、激務で自殺、うつも多く、民放テレビ局正社員は同年齢で2000万にも届きます。しかも仕事は下請け任せで。そういう状況が長く続いていて彼らは確信犯的に官僚を悪者にするのです。嘘ではないですよ。少し調べればわかることです。
[ 2009/09/30 09:20 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

仰りたいことは分かりますし納得です。。
私自身全ての官僚が悪いなんて思っていませんし、
特に若手から中堅の官僚の皆さんは大変でしょう。
知り合いの官僚から、
「大臣の一言で徹夜なんて当たり前」
なんて話も聞いたことがあります。
まだ20代後半なのに、
髪の毛がなくなりかけていた官僚の知り合いもいます。
当時から大変なんだろうと思っていました。
それだけ苦労して国の為に働いていただいてるのですから、
相応の待遇があって然るべきだと思っています。
しかし逆に、
高校時代から、
「俺は官僚になって最終的には天下りで~」
なんてことを言ってて、
実際に官僚になった輩も知ってます。
まだまだ年齢的には若手?ですが、
もしもそういった輩が上になったら・・・
上の現代記事のようなことはありえると思うし、
上述したように、
若手の官僚の皆さんにしても悪影響そのものとしか思えないのです。
命令に従順だからこそ、
そうなってしまうような気がしてなりません。
まあ、あくまで現代記事が本当だったらという前提、
かつ、そういった考えで書いた記事でしたので補足させていただきます。
[ 2009/09/30 10:01 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

私の場合・・・
別にそんなに長妻大臣を応援してるわけでも、
もちろん民主党を応援してるわけでもありませんが、
今後の成り行きを見守っているところです。
[ 2009/09/30 10:07 ] [ 編集 ]
本当に私もネットの中で保守派同士で批判しあうのは好きではありません。一致団結して、森永卓郎のようなテレビ芸者や、格差の頂点にいる民放の利権を守る政策をとろうとする、テレビを利用した最大の偽善者である原口一博総務相、社会の敵の法務相を監視、批判していかなければなりませんね。
皆様、すみませんでした。メディアにだまされず、是々非々で頑張りましょう。
[ 2009/09/30 10:48 ] [ 編集 ]
アンチ江川さんの仰りたかったことはよくわかりました。
気が短いもので、ついついかーっとなってしまいました。
私こそ申し訳なかったです。
本質を見誤らず、是々非々で批判すべきことは
批判していきましょう。

管理人さんにも、お手数をお掛けして申し訳ございませんでした。
今後も応援させて下さい。
[ 2009/10/01 00:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
管理人の承認後の反映となりますのでご了承下さい。
この記事のトラックバックURL
http://dokudannxyz.blog41.fc2.com/tb.php/295-31c375aa


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。