中川昭一氏の急逝に対するワイドコメンテーターの発言を聞いて ☆独断雑記 XYZ

アンチ民主党である管理人が、独断的な主観で、マスコミや民主党の問題点を書き連ねている素人ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 中川昭一氏の急逝に対するワイドコメンテーターの発言を聞いてホーム > マスコミへの不満 > 中川昭一氏の急逝に対するワイドコメンテーターの発言を聞いて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中川昭一氏の急逝に対するワイドコメンテーターの発言を聞いて

亡くなった中川昭一氏への報道・・・
TVの前ではいい加減なコメンテーターが、
「気さくで良い方だった」とか、
「政策通で自民党再生に必要な方だった」とか、
今更何言ってんだって感じの美辞麗句・・・
聞いていてウンザリします。
中でも特に腹立たしかったコメントとして、
10月5日放送の『スーパーモーニング』から
吉永みち子さんのコメントの一部及び
同日放送の『ワイドスクランブル』から
なかにし礼氏のコメントの一部を書き下ろします。


吉永みち子さん(『スーパーモーニング』より)
みんなにこう・・・支えられてはいるけれども、1人になるとその自分の弱さがこう・・・出てきてしまうというね、どちらも総裁選と総選挙という2つの選挙に敗れているという、これは似てますけども、その背景にもう1つのそれが、背負ってるものがあるんですよね。それに対して、そっちの方が、その結果がこれなんですよ。このことに対して状況を受け止める力、乗り越える力というこれは、政治家にとって一番重要な・・・あのファクターだと思うけども、この2つ共に親子(中川一郎氏・昭一氏)が欠けていたのかなって気がしますよね。
※中川氏が精神的に疲れていたのは事実でしょう。でもね、感謝・尊敬の念も無く、ただ批判ばかりしてるような人たちに、こんなことを言う資格はないと思います。

なかにし礼氏(『ワイドスクランブル』より)
やっぱりあの・・・まぁ、2代目というんですかねぇ・・・やっぱりどっかやっぱりぃ・・・お坊ちゃんっていいますか・・・世の荒波にねぇ・・・そう揉まれてはいなかったっていうところもあるんじゃないんですか?やっぱりぃ・・・御曹司で選挙もずーっと勝ち続けてきて、人生で所謂、普通の人なら味わう苦難のようなものをネェ・・・割と受けないで、政治家として成長してしまいましたしね、構内?に名を遂げてますじゃないですか大臣・・・(聞き取り出来ず)、ここで初めて落選の憂き目というものを見て、人の心とか、世間の冷たさやいろんなものを味わったんじゃないんでしょうかね、しかし、まぁ・・・この4年間を苦労なさって、もし再起すればね、本当に自民党にとっては力強い・・・ねぇ・・・(聞き取り出来ず)何て言うのかなぁ・・・指導者になれたんじゃないかと思うんですけどね。まぁ・・・そういう意味でも考えると、まだまだ若いし、残念だなぁって思いますねぇ・・・
※なかにしさんがどんなすごい荒波を乗り越えてきたのか知りませんが、父親の急死というかなりショッキングな出来事を乗り越え、努力して現在の地位を勝ち得た方です。他人には分からない苦難もあったことでしょう。そんなことはちょっと想像すれば簡単に分かることでしょう。よくこんな心無いことが言えたものですね。さすがは「三浦友和ごとき」なんて発言をした人ですね。心底軽蔑します。



結局のところマスコミ、特にワイドショウのコメンテーターなんて、
国の為に働いていただいてる方々に対しても、
酒井法子さんの覚せい剤事件と同じようなものであり、
単なる〝飯の種〟であって、
感謝の念なんてまったく無いんでしょうね。
だから報道が批判ばかりになるのでしょう。
結果、日本にとって非常に大事な財産を失ってしまいました。
実際には知らない政治家の方が亡くなって涙を流したなんて初めてです。
ここ2日かなり落ち込んでしまって・・・
「ブログもやめようか・・・」なんてことも考えましたが、
やっぱり続けることにしました。
マスコミ同様に、
今まで以上に心を狭くし、
メール、TEL、etc・・・
微力ながら、
マスコミに対して批判すべきは目一杯批判させていただきます。
マスコミの好き勝手にさせてはならないと思います。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー



[ 2009/10/06 10:00 ] マスコミへの不満 | TB(1) | CM(1)
初めてコメント申し上げます。

まず、中川昭一元議員の冥福を祈り...

本当に残念で仕方ありませんが、彼の意思を忘れないためにも、どうかブログやめるなんて言わないでくださいね。いつも見ております。その切り口、無駄の無い言葉、そして抜群の皮肉っぷり、楽しみにしておりますんで、どうかご自分のペースで結構ですので、よろしくお願いします。これからも応援しております。
[ 2009/10/06 22:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
管理人の承認後の反映となりますのでご了承下さい。
この記事のトラックバックURL
http://dokudannxyz.blog41.fc2.com/tb.php/302-a8dab2fc

10月4日「中川昭一氏死去」というニュースを知ったのはJRの車内だった。公衆の面前でもあり、涙を流すことはなかったが、私は茫然自失...
[2009/10/06 13:08] 本からの贈り物

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。