入管GJ! ☆独断雑記 XYZ

アンチ民主党である管理人が、独断的な主観で、マスコミや民主党の問題点を書き連ねている素人ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 入管GJ!ホーム > 未分類 > 入管GJ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

入管GJ!

1月20日放送の『ワイドスクランブル』で、

激撮!衝撃の現場
成田入管密着 不法入国者阻止の瞬間

といったコーナーがありました。
テロリストや犯罪者、そして不法入国者を、
水際で食い止めて頂いてる入国審査官の方々の頑張りを伝えるVTRでした。
入国審査ブースで1人の審査にかけることができる時間は約1分とか・・・
その短い時間の中で的確に審査・判断し、
少しでも疑わしき点があれば二次審査に持ち込まないといけないわけですから、
緊張感を維持しなければならない大変な仕事だろうと思いつつ、
そうやって不法入国者を食い止めて頂いている方々に感謝いたしました。
因みにVTR後の解説で言っていましたが、
1日約12000人訪れる中での国外退去者は10~15人ぐらい、
指紋認証システムにより入国を阻止できた人数は1年間で846人だそうです。
誠にGJ!ですね。


そういえば以前『NEWS23』では、
この指紋認証システムに反対のような報道をしていたことがありました。

  『NEWS23』は外国人の指紋採取が気に入らないようで…

それから同じ『NEWS23』では、
今問題になってるカルデロン一家の問題もよく取り扱っています。
1月14日の放送では近藤敦教授という方の、

人道上問題があると思われる場合や家族の結びつきがある場合には、退去強制をしないで在留(資格を)正規にする国がほとんどです。


なんて言葉も紹介していました。
確かに私もあの女の子の涙を見てると、
同情心を持たずにいられないのは事実です。
しかしそれだけでは・・・
上記『ワイスク』のVTR中で印象深い言葉がありましたので引用します。

記者
ちょっと厳しいのではないかと思う人がいるかもしれないですが・・・

大江忠雄主席審査官
不法残留が一番多い時で29万人を超えてますので、そういった人たちが純然たる観光客でないと認められたら、やはり厳しくやらないと、不法就労等の温床となれば、入管として看過できないことですので致し方ない。


この審査官の方々も実際に審査する中で、
多かれ少なかれの同情心を持つこともあるでしょう。
しかし、それを押し殺して任務を遂行されてるんだと私は思います。
冷たいようですが、
同情心で全てを許していたらそこに〝法〟の意味はなくなりますからね。
〝基準〟を無くしたらその後どうなるか・・・
容易に想像できると思います。
入管の方々には、
今後も〝法〟を守ってしっかりと任務を遂行して頂きたいと思います。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー


「国家」を見失った日本人―外国人参政権問題の本質 (小学館文庫)「国家」を見失った日本人―外国人参政権問題の本質 (小学館文庫)
(2000/12)
田久保 忠衛桜田 淳

商品詳細を見る



[ 2009/01/22 00:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)
人間なら誰でも持っているであろう同情心で、
多少気心を加えて法を曲げることの方が問題です。
「優しさ」がどんだけ日本をダメにしてきたことか・・。
[ 2009/01/22 17:14 ] [ 編集 ]
カルデロンファミリーは自分ら自身が、どうにか有害でない存在として認めさせようとしていますが、それは所詮は自分ら自身のことしか考えていないと言うことです。
受け入れる側としては、あらゆるケースを想定しておかなくてはいけないのです。この連中にしても、はじめからただ食い当然で、自身のエゴのために、負担を一方的に付回ししているのです。それによってよそへ生じる各種の影響なんか考えていません。
彼らは、自分ら自身が特別な存在として認められるべきと考えているのでしょうか。
[ 2009/01/22 20:54 ] [ 編集 ]
拝啓、管理人さん
断固として一家纏めて強制送還あるのみです!
子供をだしに使う姑息な泣き落としに引っ掛かってはなりません。
不法入国不法滞在は
重大なる違法行為であります、済し崩しに滞在
定住を認めると在日朝鮮人の二の舞になります!(`ヘ´)
m(__)m
乱文にて 敬具


[ 2009/01/23 06:38 ] [ 編集 ]
我が家は、
旦那は病気で無職だし子供の教育費も沢山いるし、親の面倒も・・・
マスコミと近藤敦教授、我が家にも貴殿達の憐れみと情けを下さい。
[ 2009/01/23 09:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
管理人の承認後の反映となりますのでご了承下さい。
この記事のトラックバックURL
http://dokudannxyz.blog41.fc2.com/tb.php/40-857ac706


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。