『報ステ』より、鳥越俊太郎氏の発言を聞いて ☆独断雑記 XYZ

アンチ民主党である管理人が、独断的な主観で、マスコミや民主党の問題点を書き連ねている素人ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 『報ステ』より、鳥越俊太郎氏の発言を聞いてホーム > マスコミへの不満 > 『報ステ』より、鳥越俊太郎氏の発言を聞いて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『報ステ』より、鳥越俊太郎氏の発言を聞いて

かなり久しぶりの更新になります。
8月23日(月)放送の『報道ステーション』で、
鳥越俊太郎氏が面白いことを仰ってましたので、
その発言の一部を書き下ろします。

菅総理〝新人争奪〟へ本格始動、株価安値更新・政府・日銀は・・・より

/////書き下ろしここから////////////////////

鳥越俊太朗氏
民主党が政権を取りましたよね?

古館伊知郎氏
はい

鳥越俊太郎氏
この意味についてちょっと別の角度から考えたいと思いまして、もちろん民主党が政権を取ったのは「小沢さんがいろんなことをやったから」とかね、「誰が頑張った」とかいろいろなそういう見方がありますけどもね、実はね、民主党が政権を取ったのはこれは、〝時代の要請〟だったと思っているんですね。時代が選んだんだと・・・民主党を・・・つまり、戦後65年の間、大半を自民党と官僚の2人3脚で日本の政治が行われてきた・・・

古館伊知郎氏
利益誘導型ですよね?

鳥越俊太郎氏
その中である程度、豊かな社会は実現はできたんだけれども、バブル崩壊、冷戦が終わったあたりぐらいからですね、だんだんおかしくなってきて、どうやら自民党と官僚の2人3脚でやってきた政治では、この先やっていけないぞっと、つまり少子高齢化が怒涛のごとく進んでくる、介護問題は目の前でどんどん膨れ上がっていく、一方子どもの数はどんどん減っていく、人口は減っていく、経済はもう1つ上手く回っていかない・・・

古館伊知郎氏
労働人口がどんどん縮小していく・・・

鳥越俊太郎氏
そういう時代の中で、このままでは駄目だぞということで、新しいオルタナティブとして民主党の政権を時代が選んだ、国民が選んだという・・・

古館伊知郎氏
代替ですね、今までと変わるものを・・・

鳥越俊太郎氏
代替ですね。(時代が、国民が)民主党政権を選んだわけですね、だから、単にちっとやそっとの目先で変わったんじゃなくて、そういう深い時代の流れの中で、僕は出てきたんだと思います。だからこそ、民主党はしっかりと受け止めてですね、小沢派だ!管派だ!誰がどうする?!そういうようなコップの中の嵐のようなことをやっているんじゃなくて、日本の5年先、10年先の日本国をどうしていくのか?今からやって行かないと間に合わないこといっぱいあるんですよね。そういうことをちゃんとして政策としてやる!マスコミの伝え方にも問題があってね、どうしても政局報道、つまり「小沢がどうした~」「菅がどうした~」「仙石がどうした~」とかやってると、面白いっちゃ面白いんですけどそれでは駄目なんでぇ~やっぱり本当に政策・・・

古館伊知郎氏
時代が変わってる訳ですからね。仰るように・・・

鳥越俊太郎氏
どういう政策を打ち出して、どういうことを日本のどういう国づくりをするんだと、そういうとこできちっと議論をすると、そういう政治のあり方にね、報道も焦点をあてるべきだし、それから国会議員の民主党のみなさんもね、そういうつもりで〝時代の要請〟を自分たちは引き受けてやるんだというぐらいのつもりでやって欲しいけども、なかなかそう行ってないですね(笑)


/////書き下ろしここまで////////////////////


前政権下時代には、かなり辛辣なコメントをしていた鳥越氏ですが、
民主党政権のこととなると、何とも歯切れが悪いですね。
コメントの回りくどさに辟易してしまいます。
すべて、自民党政権が正しかったとは言わないまでも、
自民党から民主党へと政権交代したのは、
〝時代の要請〟などと仰ってますが、
民主党政権に交代したことは、〝時代の要請〟ではなく
マスコミの扇動報道のおかげではないでしょうか?
言葉は悪いけど、
マスコミもグルで、
集団詐欺にでもあった気分です。

そういえば鳥越氏は、戦後の激動期から、60年安保、
高度経済成長、シラケ世代の緩慢な空気、
冷戦時代の終焉、バブル経済、そしてその崩壊を
目の当たりにしてきた世代ですからね、
いろいろと思うこともあり、旧態依然とした
古めかしい自民党を今の日本の衰退のA級戦犯としてやり玉に挙げ、
新たに目の前に現れた民主党を、
まるで、日本の救世主とでも錯覚していらっしゃったのかもしれません。
特にその中でも小沢一郎という人間を、
『日本列島改造論』を掲げ、日本の政界に長きに渡り
影響を与えていた誰かの面影に重ね、まるでその誰かのおかげで
輝かしい日本に導いてくれたと勘違いし、またその誰かと同じように
小沢氏が輝かしい日本への再び導いてくれると期待しているとしか、
思えなくなりました。

それとも、想像以上に役立たずの政権与党に対し、
政権交代の片棒を担いでしまったことへの整合性を
見出すための言葉遊びをしているのでしょうか?

ネットがこんなにも普及してしまって、
一番、苦しんでいるのはこういう人たちなのかもしれません。

日本の救世主ではなく、単なる先祖返りでしかないのに・・・



 ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー


続行中です → 自衛隊にエールを送りませんか
[ 2010/08/24 15:46 ] マスコミへの不満 | TB(0) | CM(4)
久しぶりのupdate待ってました。
私も同じ番組見てて思いました。「相変わらず変わってないなこいつも」って。解ってない古館が「民主党応援団長としてはそう思ってるんですか」くらいストレートな突っ込みを期待しましたが当然彼にはそれほどのことは出来ず(考えられず?)。
今は小沢に総裁選是非出馬表明してほしい気持ちでいっぱいです。そうしたらみんな愛想つかして民主党離れが加速するだろうから。
[ 2010/08/25 21:48 ] [ 編集 ]
私もリアルタイムで見ていましたが、古舘氏から「民主党の金融政策についてどう思うか」
と振られたのに対し、全く関係の無い民主擁護自民批判話を延々と垂れ流してる姿は酷かったですね。
既に癌が脳細胞に転移してるんじゃないですかね。
[ 2010/08/27 17:29 ] [ 編集 ]
御無沙汰しています。

全力偏向報道により造り出された《雰囲気》に乗った有権者が比較多数を占めた。それが全てでしょう。

確かに、自民党にも問題があった。
でも、だからと言って、民主党は本質的に選択肢たり得ない集団であったのに…?
せめて、たまに国会中継でも見ていれば、政治的資質の無い無能・無策の悪質な政局屋揃いなのが容易に分かったでしょうに、気分だけで投票するから、重要なところで判断を誤る。未だに気付いていない人も多い。
困ったものです。
…そう言うだけでは、とても済まない話ですが。

鳥越氏の言う「日本の5年先、10年先の日本国をどうしていくのか?」なんて、民主党にまともな期待をするのが無理ってものです。
自分達の目先の利益しか考えられない連中ですよ。
「国民の生活が第一」?…第一の《標的》にしかなっていません。初めから意図してのことかどうかは、分かりませんが。

一刻も早く政権交代して欲しいところですが、現状は、まだ目の覚めていない有権者が多数派であろうことが足枷です。
もしも、次もまた民主党が取ってしまったら、その後4年間はもう解散はないでしょうから。

もしかすると、民主党が勝手に分裂するかもしれませんが、敵失だけを当てにする訳にはいかないし、それでは根本的な解決にもならない。
自民や他の保守勢力が、自ら力を蓄え、それを示していくことが必要ですね。
[ 2010/09/05 03:16 ] [ 編集 ]
いつも拝見させて頂いてます、
右京と申します。

今回、
私自身でブログを開きました。

言いたいことを適当に書いているだけのブログですが、
よろしければ相互リンクさせて頂けませんでしょうか。

ぜひお願いいたします。
[ 2010/09/20 13:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
管理人の承認後の反映となりますのでご了承下さい。
この記事のトラックバックURL
http://dokudannxyz.blog41.fc2.com/tb.php/403-1fe256c8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。