『TVタックル』より、財務官僚の声 ☆独断雑記 XYZ

アンチ民主党である管理人が、独断的な主観で、マスコミや民主党の問題点を書き連ねている素人ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 『TVタックル』より、財務官僚の声ホーム > TVタックル > 『TVタックル』より、財務官僚の声

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『TVタックル』より、財務官僚の声

3月7日放送の『TVタックル』で、
須田慎一郎氏が事業仕分けの裏側について話してらっしゃいました。
一部書き下ろします。

/////書き下ろしここから///////////////
須田慎一郎
行政の無駄削減ということで、事業仕分けをやった。事業仕分けが唯一成功したんじゃないかと。実はそうじゃなくて、敵に借りを作ってしまった。敵ってのはいったい誰なのかというと、財務省。

(中略)

須田慎一郎
そんな細かいところで何が無駄で何を削るべきかって、やっぱり政治家わかりませんよそこまでは。で、それについては全部財務省にシナリオを書いてもらわないといけないんですが、実はですね、こういうシーンを目にしたんですよ。(枝野さん蓮舫さん千谷さんと1人黒い影の映ったフリップを出しながら)これ事業仕分けの場面なんですが、ぎゃあぎゃあね、そこもっと足りないんじゃないか、そこはもっと削るべきじゃないか、無駄じゃないかって丁丁発止やったら、そういうテレビのシーンよくご覧になりましたよね。その時にね、マイクが変な音を拾ったんです。私も聞いてたんです。「蓮舫さん、もっとそこは鋭く突っ込んで下さい。」と。誰が言ったのかというと財務官僚ですよそれ。だからもう政治ショウなんですはっきり言って。

(中略)

須田慎一郎
もう1つ問題があるんですがね、ミスター事業仕分け、枝野さんっていらっしゃいますね、今官房長官。事業仕分けの場面で体育館が出てきましたよね。あれ国立印刷局というところが持っているんですが、本来売却が決まってたんです。売却しないまま何年も過ぎているんですが、その国立印刷局からですね、独占的に仕事を得ている公益法人、まあ相撲協会みたいなところがあるわけですね。その公益法人に、実は枝野さんの義理の父親がねえ、役員で行ってるんですよ。これ一体どういうことよと。財務省からいい思いをさしといて、事業仕分けやってるなんて、こんなの茶番じゃないのと。

(後略)

/////書き下ろしここまで///////////////


財務省主導であることは言われていましたが、
何度聞いてもひどい話しですね。
ある民主党議員は、
民主党が政権を取ったその日から天下りはゼロになるとか、
大きなことを言ってましたが実際はこれです。
ほとんど詐欺の域ですね。

しかも、このやらせショーで目立った2人が、
大臣と官房長官ですよ。
話にならないと思いませんか?
政治家は操り人形じゃ駄目ですよ。
いつものことですが、
民主党の党利党略とパフォーマンスショーにはうんざりです。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー

[ 2011/03/08 10:36 ] TVタックル | TB(0) | CM(1)
第177回国会参議院予算委員会2011年3月8日 (火)
山谷えり子(自由民主党)山林と水、国防問題、尖閣問題、日教組問題
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=3626&mode=LIBRARY&pars=0.34440722075906316

第177回国会参議院予算委員会2011年3月7日 (月)
松あきら(公明党)子宮頸がん断種ワクチン接種を強要
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=3614&mode=LIBRARY&pars=0.6465968707936723

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
[ 2011/03/09 01:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
管理人の承認後の反映となりますのでご了承下さい。
この記事のトラックバックURL
http://dokudannxyz.blog41.fc2.com/tb.php/433-058de88e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。