鳩山さんはどうしたいのか・・・ ☆独断雑記 XYZ

アンチ民主党である管理人が、独断的な主観で、マスコミや民主党の問題点を書き連ねている素人ブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 鳩山さんはどうしたいのか・・・ホーム > 未分類 > 鳩山さんはどうしたいのか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鳩山さんはどうしたいのか・・・

産経新聞によると麻生さんとオバマさんが会談について、
鳩山さんが何か仰ってるようですね。
『具体的な中身があったとは思えない』とか、
『また、アメリカ追随外交が始まるのではないか』とか・・・
例によって批判されてるようです。
じゃあ民主党政権になったらどうするつもりなのか・・・
そういえば小沢さんは中国の要人とだけはすぐに会いますね。
鳩山さんも『アジア太平洋共同体の実現を国家の目標にすべき』
とか仰ってますね。
アメリカ追随も問題かもしれませんが、
中国追随はもっとゴメンです。


ワンクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングバナー


[ 2009/02/26 10:00 ] 未分類 | TB(1) | CM(9)
 麻生内閣メールマガジン第20号    ■○■○■ 
 □●□●□             2009/02/26    

 [平和と繁栄の礎]

先週のサハリンでのロシアとの首脳会談に続き、今週は、米国のオバマ大
統領との初会談。オバマ大統領がホワイトハウスに招く最初の外国の首脳と
なりました。新政権の日本を重視する姿勢を感じます。

 「誠実」で「率直」。オバマ大統領と初めてお会いしての印象です。

 この難局にあたり、自国の経済の立て直しに必死なのは当然ですが、同時
に、世界経済の立て直しも図らなければならない、という使命感。私は大い
に共感するところがありました。一緒に手を携えてやっていける、そういう
信頼を置ける方だと確信しました。オバマ大統領も、私と同じように感じて
くれたと思います。
これまでも、外務大臣として日米首脳会談に同席したり、米国大統領にお
会いしたことがありました。しかし、今回は、この世界的な経済危機の中で、
日本の総理大臣として米国の大統領と対応を話し合う、という責任の重さを
感じながらの会談でした。

オバマ大統領にとっても、ホワイトハウスでの初めての首脳会談というこ
ともあり、じっと私を見つめ、私の話の一言一言に真剣に耳を傾け、大変真
摯な対応をされていたのが印象的でした。
オバマ大統領は、環境や省エネルギー問題に強い関心と高い知見をお持ち
でした。日本のエネルギー効率は米国の2倍も優れている、というような話
も出ました。技術力と経済力を持っている日本と米国が手を組んでいくしか
ない、ということで一致しました。
また、私の方からは、東京23区、約1000万人圏での輸送の鉄道への
依存率は76%にもなる、そのおかげで、東京にあれだけ人が密集していて
も、大渋滞や空気が極度に汚れることを回避できている、という話を紹介し
ました(ちなみに、米国全体での鉄道への依存率はわずか1%です)。
米国の鉄道網再構築を考えているオバマ大統領は、この話に強い関心を示
されていました。

 会談は、問題意識が共有されていたので、非常に中身の濃いものとなりま
した。日米同盟は日本の外交の要でもありますが、オバマ大統領からは、米
国外交のコーナー・ストーン(礎)である、と言われました。
 金融・経済問題、北朝鮮問題、アフガニスタン・パキスタン問題、気候変
動・エネルギー問題などを話し合いましたが、世界第1位、2位の経済大国
として、私は、オバマ大統領と手を携えて、世界の平和と繁栄に向けて、力
を尽くしていきたいと思います。
オバマ大統領との首脳会談の後、米国の戦没者が埋葬されているアーリン
トン墓地に行きました。
澄み切った青空と寒風のもと、東京ドーム53個分に相当する広大な敷地
の中で、長く緩やかな上り坂の参道の両脇に整列し、私を迎えてくれる、数
百名にものぼらんとする儀仗兵の方々。外国の首脳を迎える礼砲19発。そ
の中を、私を乗せた車はおごそかに進み、無名戦士の墓に到着しました。日
本の国歌、米国国歌の吹奏の後、日の丸を模した花輪を献花しました。

国家のために尊い命を捧げた無名戦士の方々の御霊に、国家が最高の栄誉
と敬意をもって、これを祀る。他国の首脳も、自国と戦った相手の兵士の御
霊に対しても最高の敬意をもってあたる。総理大臣になって、もっとも厳粛
な気持ちになった場面の一つとなりました。これまでも、この墓地には何度
となく訪れていましたが、一国の首脳として訪れた今回、これまでとは全く
違う、胸がふるえるような厳粛さに感動しました。
その後で、アフガニスタンとイラクでの殉職者のお墓に移動し、同様に敬
意を表しました。「今この国はテロと戦っている」ということを改めて強く
感じました。

 私は、一国の最高責任者として、国益を守ること、そして世界の平和と繁
栄を確保していくことへの、決意を新たにしました。
[ 2009/02/26 11:44 ] [ 編集 ]
麻生さんも 国益を守る と言ってます。
鳩山さんも 国益優先だと思います。
中国と米と天秤に掛け ずる賢く やって欲しい。
[ 2009/02/26 13:02 ] [ 編集 ]
 具体的な中身があったとは思えないv-8

 政権交代しか頭に無くそれ以外の中身が無い脳で考えたら、そう言う事になるのだと思います。
[ 2009/02/26 13:31 ] [ 編集 ]
死那属国外交は御免こうむります!
[ 2009/02/26 18:58 ] [ 編集 ]
 たまさん、コピペありがとうございます。さすがはローゼン閣下、名文だなぁ。美しい文章で心が洗われますよ。
[ 2009/02/26 20:54 ] [ 編集 ]
昨年、小沢が国会を放り出して部下を連れ朝貢し、
王様と謁見したときのうれしそうな顔!
[ 2009/02/26 22:29 ] [ 編集 ]
私は基本的に無党派ですが、どうも民主党の批判には納得行かない部分が多いですね。批判がダメというわけではありませんが、批判することによって議論を一歩前に、問題解決に一歩近づいているかを見た場合、全然変わっていないように思うのです。

基本的に議論のための議論、批判のための批判には意味がありません。そこからしっかりと意味をつなげていって欲しいですね。
[ 2009/02/27 00:07 ] [ 編集 ]
お願いだから、題名にも「鳩山さん」の区別がつく様にして下さい。例えば、鳩山(国賊)とか鳩山(愚兄)とか・・・。まあ、私が悪いのですが最初、鳩山(死神、只単に神でも可)の「かんぽの宿」に対する追及に関しての疑問かな?と錯覚しました。話が逸れました。

>『具体的な中身があったとは思えない』とか、
『また、アメリカ追随外交が始まるのではないか』とか・・・と、鳩山(韓国追従)さんが発言している点で既に、今現在の日米外交方針に批判的である事が丸判りです。北朝鮮が核実験をして名指しで日本を敵国扱いしている現状下、更に尖閣諸島領有権を巡り中国と対立している現在、アメリカ合衆国(日米同盟)との関係確認は自民党政権であろうと、有り得ないですが仮に民主党政権になろうとも、揺るがせるべきものでは無い筈です。

それが『国益』だと思います。

民主党(日本のね)は、アメリカ追従外交を放棄して、自主独立(憲法改正、核武装と同義)かそれとも、中国追従外交を選択するのかを、その旗印を鮮明にして今回の衆議院選挙の争点にすれば良いと考えます。それにしても、この鳩山(韓国追従)民主党幹事長は、自民党議員に何か問題発言でもあると、直ぐ辞任を要求ばかりしていませんか?最近、テレビで顔を見ると不愉快になって来ます。何となくですが、鳩山邦夫総務大臣との差が開くばかりの気がします。
[ 2009/02/27 02:48 ] [ 編集 ]
ザ・リバティ編集長
里村 英一(さとむら えいいち)
2009年02月25日

中川財務・金融担当相の辞任に思う
(会報 未来ユートピア・ポリティカル・レヴューvol.10より)


「なんだ、これは」

 中川昭一氏のイタリア・G7後に行われた記者会見を見て、多くの国民は

上のように思ったことだろう。もちろん私もその一人。

まさに我が目を疑うとはこのことか、という気持ちで会見の模様を見た。

 その後のドタバタは周知の通り。一度は「しっかり職責を果たす」

としたものの、「来年度予算衆院通過をまって辞任」となり、最後は

「国会の混乱を避けるために」即時辞任とあいなった。

 この顛末をきっかけに、マスコミでは日本の政治家を悪し様に言う風潮に、

一層拍車がかかりだしている。とくに麻生総理、与党議員は針のムシロ状態だろう。

 しかし、ここでちょっと整理してみたい。問題はどこにあるのか。

まず中川氏の朦朧状態の原因は飲酒によるのか、風邪薬か、

はたまた持病の腰痛止めの鎮静剤によるものか。なんでもこの鎮痛剤の

効き目がすごくて、朦朧状態となることは以前からあったらしい(

このことを報じた新聞は私の見たところ一紙だけだった)。

 仮に深酒によるものとしたら言語道断ではあるが、当日の大臣の行動を

見ると、常に日銀の白川総裁や財務省幹部、あるいは新聞記者が一緒に

いたようだから、真昼間から大臣がグイグイいけるような環境だったかどうか。

時差ボケしているヒマもない過密なスケジュールに加え、お酒と薬と

いろんな要因が合わさった結果が中川氏の朦朧状態だったというあたりが

真相に近いところだろう。

  もちろん体調管理は自己責任だから、この点、中川氏は批判は甘んじて

受けねばならない面はある。ただ問題は、このような経済の非常時において

財務大臣に醜態を演じさせたという危機管理にあるのではないか。

なぜ白川総裁らは体調不良を理由に中川氏の会見キャンセルができなかったのか。

国益が絡んだ問題である。現にIMFに10兆円融資して日本の信用は高まって

いたというのに失墜した。海外メディアに散々なことを書かれてしまった。

白川総裁らは体を張ってでも止めるべきだったのではないか。その努力が

なされなかった(あまりにも会見前の状況が不鮮明なのである)ことから巷間、

今回の中川氏のスキャンダルは仕組まれたものではないかという疑惑が囁かれている。

けっこう物申す財務相だった同氏だけに、敵も多かろう。あるいは

主義主張を異にする人たちからは煙ったがられる部分もあったろう。

さらに麻生政権への決定的ダメージを与える駒として、狙いやすい部分も

あったかもしれない。

 それでも思うのだ。一切の弁明が許されないまま「100年に1度」とやらの

経済危機で財務大臣が葬られたことに正義は本当にあったのか、と。


この「つけ」は私たち国民がかぶることになるのではないか,と.

 ちょっといやな感じがする。
[ 2009/02/27 05:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
管理人の承認後の反映となりますのでご了承下さい。
この記事のトラックバックURL
http://dokudannxyz.blog41.fc2.com/tb.php/93-bf9441bc

平成21年 日本躍進・発展の年  以前のおこなったこのアンケートに続き、再びアンケートを実施したい、と思います。  前にやったアンケート  ↓ 『麻生総理・自民党支持率調査』 http://enq-maker.com/result/3ExM3Qb  こうも票が偏るというか、マスコミと全...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。